10年後にきっと後悔してしまう、人生を変える「5つの選択」

今、あなたの目の前にはたくさんの選択肢があります。しかし、今日の選択に10年後のあなたは後悔してしまうかもしれません…。

人は、どんな行動をとったときに、あとで後悔してしまうのか。「THE MISSION」のライターThomas Oppongさんが、それを回避する著名人たちのアドバイスとともに紹介してくれています。

後悔01.
タイミングばかり
うかがってしまった

10年後にきっと後悔してしまう、人生を変える「5つの選択」

「すべてが整うまで、待ってはいけない。パーフェクトになることなんてないからだ。コンディションが不完全だからってなんだ。今すぐ始めよう。どのステップで進んでも、あなたは必ず成長し、スキルを身につけ、自信がつき、成功に近づくだろう」

ーー マーク・ビクター・ハンセン

行動するのに完璧なタイミングなどありません。今すぐ始めましょう。このことに気づければ、あなたはもっと有意義な毎日を過ごせます。

はじめの一歩は決して満足できるものではないかもしれません。それでも始めることに意味があるのです。

後悔02.
ただ選ばれるのを
待ってしまった

「何をするか選ぶことは、決して簡単なことではない。しかしそれは、大きなチャンスなのだ。立ち止まるな、選択することがスタート地点なのだから、結果がどうあれ待っているだけでは何も起こらない」

ーー セス・ゴーディン

今の時代、あなたの仕事を世界に発信するのはとても簡単です。そして、あなたに情熱があれば、それは周囲に認めてもらえるでしょう。

何かひとつ、あなたがもっとも好きなものを選んでください。それをすぐにお金にすることはできないかもしれませんが、毎日続けることで大きな違いが生まれてきます。与えられることを待っていてはいけません。

さぁ、最初の一歩を踏み出しましょう。

後悔03.
「他人の夢」を
生きてしまった

10年後にきっと後悔してしまう、人生を変える「5つの選択」

「あなたの時間は限られている。だから、他人のために生きて無駄にしてはいけない。他人の心情にとらわれてはいけない。他者の意見に自らの内なる声を溺れさせてはいけない。もっとも大事なのは、自分の心と直感に従う度胸である。君は、自分がどうなりたいのかをすでに知っている。他の事は二の次でいい」

ーー スティーブ・ジョブス

人生でもっとも難しい課題は、自分の夢を見つけること。次に難しいことはその夢を叶えることです。他人に惑わされず、自分の目標と夢に素直になることがあなたの人生を変えます。

そして、どんなに忙しくても情熱を追い求める時間をとってください。毎晩ベッドに入る前の数分で良いので、人生の目標に取り組んでみましょう。

後悔04.
挑戦できなかった

「挑戦して失敗しなさい。しかし、挑戦に失敗してはなりません」

ーー ジョン・クィンシー・アダムズ

失敗の最大の原因は、始めるきっかけとそのモチベーションを見つけられないことです。

あなたは、歩いた分しか前に進めません。成功へのはじめの一歩は、失敗への恐怖心を克服すること。その一歩を踏み出すために、まず小さなことから始めてみましょう。

後悔05.
すぐに諦めてしまった

「やめてはいけない。たとえ他人には見えなくても、あなたに見えている世界を築き続けなさい。あなただけのドラムを叩き、聞き続ける。それが最高の音色に聞こえてくるはずだ」

ーー サイモン・シネック

夢への道のりは障害だらけ。しかし、その障害を越える方法は必ず存在します。それを探し、挑戦し続けてください。誰もが失敗をしますが、そのときの対応ですべてが変わるのです。つねに考え、行動をしてみましょう。

どんなに失敗をしても、挑み続ける限り、まだ失敗ではありません。

あなたは今日、より充実した有意義な人生のために何を始めますか?そして、何に挑戦しますか?

Licensed material used with permission by Thomas Oppong