今すぐ「やめない」と、5年後に後悔する15のリスト

夏休みもシルバーウィークも終わり、いよいよ年末に向けて「今年立てた目標、ちゃんと達成できているかな?」と振り返る時期かもしれません。なかには「全然できてない!」という人もいるでしょう。

ここで紹介するのは、21歳で起業し、夢を追い続ける女性ブロガーが「Elite Daily」に書いた「やめたいことリスト」です。ちなみにネガティブなものではなく、裏を返せば前向きな「やりたいことリスト」が見えてくるのが、ポイント。

01.
なんでもかんでも
公開すること

ランチやコーディネート、恋人との会話…世界は何も、あなたの全てを知りたがっているわけではありません。ちょっとミステリアスな部分があるくらいが、ちょうどいい。

02.
つねに他人と比べる

友だちのSNSを見ては自分のつまらない日常と比べて、ため息。そうやって毎日、いったい何時間をムダにしているんだろう。SNSに載っているのは、たいていその人の人生のハイライトだけ。たったいま楽しそうな写真を投稿したあの子にだって、つまらない日常はあるものです。

03.
人の目ばかり気にする

周りの人たちの反応を気にして、やりたいことをしないなんてもったいない。結局あなたが何をやっても、何かしら言いたがる人は出てきます。気にしないのが一番!

04.
じっと待つ

ちょっとでもチャンスの気配があるなら、飛び込むべし。待っている間に手遅れになったら、きっと後悔するはず。

05.
直感を疑う

もし何かいいアイデアがあり、ずっと忘れられないのなら、それは実現すべきもの。「自分には無理」という考えは捨てましょう。何度もあなたの心のなかに戻ってくるのには、それなりのワケがあるはずです。

06.
知らんぷりをする

もしあなたの近くに困っている人がいたら、手を差し伸べてあげましょう。あなたが優しくしてあげたら、かならず巡り巡って返ってくるもの。

07.
被害者ヅラをする

自分の周りはなぜかトラブルが絶えない…というあなた。じつはあなたもその一因を作っているのかもしれません。他人の行動を変えるのは難しいですが、それに対してどう感じ、どう反応するかはあなた次第。

あなた次第で、トラブルがトラブルじゃなくなることもあるかもしれません。

08.
自分のジャマを
するのは自分

自分自身を自分がどう評価しているのかって、じつは想像以上に人生に影響を与えています。自己評価を低くするのはやめましょう。本当は叶えられるかもしれない夢を、自分の手でジャマしていることになるのだから。

09.
罪悪感に囚われる

お世話になった会社やチームを離れたり、恋人と別れたり。成長していく過程に別れはつきものです。決して悪いことではありません。5年前に好きだったものを、今でも変わらず好きでいなくてはならない、なんて決まりもありません。感謝の気持ちを忘れずに、胸を張って次に進みましょう。

10.
お金で幸せを買う

目先の欲に目を眩ませてはいけません。お給料がちょっとくらい高いからといって、達成感の得られる仕事とは限りません。高級車に乗っている彼が、一生幸せにしてくれるとも限りません。

ちゃんと自分を成長させてくれる仕事を選び、預金残高ではなく人柄で恋人を選ぶようにしましょう。

11.
義務感で生きる

「やるべきかどうか」ではなく「やりたいかどうか」で物事を決めましょう。他人のアドバイスをすべて鵜呑みにしてはいけません。そのアドバイスを元に選択した結果を生きなくてはいけないのは、他でもない、あなたなのだから。

12.
いつでも
「OK」にしちゃう

誘いを断っちゃいけないなんて、誰が言ったのでしょうか?飲み会だってお泊まりだって同窓会だって、ときには「行きたくない」ただそれだけの理由で断ったっていいんです。自分の時間が増えて、肩の荷も驚くほど軽くなるはず。

13.
すべてにおいて競争する

本当に実力があるかどうかは、人にどれだけ影響を与えらえれるかどうかで決まるもの。一番になればいいってものではありません。

14.
「みんなと同じ」ふり

自分は自分。どういう考えを持っているのか、今まで何をしてきたのか。恐れずに自分のストーリーを自分の言葉で語りましょう。周りの人と同じである必要はないのです。ちょっと変わっているくらいが面白い。

15.
「一回目で成功しなきゃ」
と思う

新しいことを始めるのなら、一回目で成功しようなんてほぼ不可能だと思いましょう。有名な起業家やアーティスト、スポーツ選手だって、何回も失敗して、研究して、練習して、新しい方法でもう一度挑戦して…を繰り返して今があるのです。

一度失敗したからって諦めてはいけません。「まだ成功しそうもないし、もう少し準備してから…」と尻込みしていることこそ、もったいない話です。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連する記事

会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
これは、「Elite Daily」のライターSydney McBrideさんが2014年末に書いた「2015年には絶対やめることリスト」。少し前の記事では...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
今、あなたの目の前にはたくさんの選択肢があります。しかし、今日の選択に10年後のあなたは後悔してしまうかもしれません…。人は、どんな行動をとったときに、あ...
彼氏彼女、恋人、パートナーなどと「別れる夢」の意味とは?夢占いの専門家が別れる相手、心理、シチュエーション別に徹底解説。
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?
女性ライターSilvia Mordini氏が、今すぐやめるべき「15の習慣」をまとめています。この記事によると、日々の行動を改善するには「やるべき」よりも...
旅には、人生が凝縮されています。
「幸せになりたい」。それは、多くの人が持つ共通の願い。でも幸せを手に入れる前に、私たちを邪魔するたくさんの壁があるのも事実。そんなとき、物事を複雑に考える...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
人生、可能性は無限大かもしれませんが、たとえば時間に関しては有限です。でもその限りある時間を、望まない付き合いに費やしてしまっていませんか?「Inc.co...

おすすめ記事

米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...