「感情コントロール」が得意な人なら、絶対にしない7つのこと

昨今よく取り上げられる「EQ」。これは、自分と周りの感情をうまく読み取ることができて、適切な行動をとれているかどうかを基準を表す「心の知能数」。この指数が高い人ほど、人生を楽しむことができ、問題解決もすんなりとこなしていく傾向にあります。

Wallstreams」のChristian氏が記述しているのは、このように「感情をコントロールできる人から学ぶ心を整える習慣」。もっと楽しい人生を過ごすために、心の整え方を学びましょう。

01.
相手の感情に流されない

Cec5740a1b757500463a98f4d01ee840c0b7bbcb

感情のコントロールがうまい人は、聞き上手で適切なアドバイスをくれるため、周りから相談を受けることも多いのだとか。

そして彼らは、相談を受けるとき、決して相手の感情に流されません。たとえば相手が怒っていたら、それに便乗して自分も怒るのではなく、相手を鎮めようとします。

相手が悲しんでいる場合は、感情移入するのではなく、相手に笑顔になってもらえるまでとことん話を聞いてあげます。こうして周りに寄り添うことで、相手も心を許せるようになるのです。

02.
文句を言わない

文句を言うのは、自分が犠牲者であると捉えていて、問題の解決策を考えようとしないから。生きていれば、うまくいかないときがあって当然です。

そんなときは、どうすればいい方向に持っていけるかをまず考えましょう。不平不満は周りに悪影響を及ぼす恐れがあります。あとで後悔するようなことを口走る前に、運動などをして気持ちを切り替えてみては?

03.
曖昧にしない

1ad1472fbe7950b5a2ec935464c0babba91764ae

「もしかしたら」「〜かも」など、曖昧な表現を使うのはやめましょう。自分にとっての明確な優先順位があるので、なんでも引き受けたり、曖昧な返事で濁したり、そんな必要はないのです。

04.
陰口や噂話をしない

たいていの陰口や噂話は、誤った情報交換。こういった話の輪に入って、憶測で判断するのはやめましょう。

本人と話して正確な情報を得ないまま、自分の考えとして発言するのは、あまりオススメできません。

05.
相手に依存しない

4b3d33ab421cc8589749ddcf288bb8e0b9060993

自信を持つのも、幸せになるのも、すべては自分次第。誰かに頼ってばかりいたら、その人がいなくなったとき、自分の本当の価値が見出せなくなります。そのことを十分に理解しましょう。

06.
ネガティブな
考え方をしない

「魅力がない」「もっとうまくできた」と、無意識のうちに自分に厳しくなっていませんか?ネガティブ思考でいると、心は不健康になります。後ろ向きな考えをやめて、前向きな思考に切り替えましょう。

経歴、掃除が得意など、何でもいいのでまずは自分を褒めるのです。そうすることで、落ち込むことなく、人生でうまくいっているポジティブなことに注目できるようになります。

07.
失敗しても後悔しない

0cf94e22426ae66268b43d949be898d3fb014898

過去の苦い思い出を引きずるか、いい経験だと思って感謝するか。どう捉えて前に進むか、その意識の持ち方で人生は大きく変わっていきます。

もちろん取り入れたいのは後者。過去を悔やむのではなく、失敗をもとに、より良い「今」を築けるよう努力しましょう。

Licensed material used with permission by Christian Nwasor
人は感情的になると相手を傷つけたり、それがきっかけで信頼を失ってしまったり、いいことなんてありません。だからこそ「Elite Daily」のライター、Pa...
知能指数を表す「IQ」とは、似ているようでちょっと違う「EQ(感情指数)」。EQは、自分の感情をうまくコントロールできるかどうかを示す、いわば「心の知能指...
イライラ、クヨクヨ、ムシャクシャ、メソメソーー。このような感情によって、日々、自分が乱されていると感じる人はとても多いと思います。けれど、これは非常に大き...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
頭に血がのぼって不要なひと言を口にして、後になって後悔する…感情のコントロールって本当に難しいものです。女性ライターAmelia Harveyは、ある意味...
今日もイライラ、していませんか?ときには怒りがピークに達して、相手を怒鳴りつけてしまうこともあるかもしれません。一方で、いつも冷静で穏やかな性格の人もいま...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
つい、イライラして周りの人を巻き込んでしまったり、自分だけが嫌な目にあわされていると思い込んだり…。ダメだと思いながらも、自分の感情に振り回されてしまう人...
最近、人間関係がうまくいっていない・・・。そんなあなたは、相手の感情を理解しようとしているだろうか?円満な人間関係を築くコツは、人の感情まで深く理解するこ...
ポイントは、「イライラしたとき」の対処法。
コミュニケーションでは、目に見てわかる感情と本人が実際に感じている感情が違う時、相手に思いを伝えられずに話がこじれたりすることがある。そんな時、エモーショ...
感情の知能指数「EQ」に関する情報を紹介するwebサイト「TalentSmart」からメンタルが強い人についての記事を紹介します。様々な調査や研究を元に考...
「ネガティブな思考が生まれることを止めることはできません…。しかし、感情をコントロールすることで、嫌な気持ちは片付けられます!」そう語るのは、メンタルコン...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
いつの時代も、自信にあふれた人は輝いて見えるもの。でも、そうした人も、決して雲の上の人ではありません。あなたもほんの小さなステップで、そこに辿りつけるので...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...