依存心を「愛」だと間違えている人が示す10の感情

恋愛に正解も不正解もないけれど、2人の関係がなぜだかうまくいかない時って、往々にしてあるもの。必ず何かしら原因がある、けれどそれが自分では気づきにくいんですよね。

いわゆる、恋愛における“落とし穴”を「Higher Perspective」のこの記事は、10の感情におきかえて「こうだ!」と決めつけてくるんです。だけど、これが意外と的を得ていて。もしも、あなたに思い当たる節があるとすれば、すでにその穴にハマっている可能性ありってことかも。

束縛は、「依存の心」の現れ

2d68d9296f93e26f3e0e5fcb826dcebdfaeeb873

「愛しているからそばにいたい」、「愛するがゆえに不安」こうした想いって、一見相手のことを深く考えるあまり、の感情のように勘違いしてしまいますが、じつはただの独りよがり。

本当に誠実になって、愛する人のことを想っての感情だって言えますか?いま一度、自分の心にたずねてみましょう。もしかしたら、ただ「恋人という存在」を自分が手放したくないだけかもしれませんよ。

01.
口癖のように「寂しい」と言う

25e991f23f5201eaf825e313edf72417e2a82f02

他の人と一緒に過ごしているのを見ると、すごく嫉妬してしまう。

02.
友達からの誘いには、空返事

今まで続けてきたことを、あっさりやめてしまったり、大切な人たちとの繋がりも、ないがしろになってしまう。

03.
フラれないかが、つねに心配の種

3c65b3b05b3e299682c67563cf9e20102f9a83ea

恋人が仕事などでスキルアップしていくと、他の誰かに取られてしまうのではないかと心配になって、素直に喜べない。

04.
いつでも“恋人至上主義”

友達と会う約束をしていても、デートの予定が入ったら、いつでも断る気でいる。

05.
恋人のいうことは、なんでも納得する

Add2f7abf0813180f3cda3a459769531dd0b3557

自分自身の価値観よりも、恋人の価値観のほうが重要。

06.
「幸せそうだね」と言われていたい

実際に彼を自分がどう思っているかよりも、友達や家族から、「どんなカップルに見えているか」の方が気になる。

07.
手のひらで転がしたい

430e75cfc916d6ac9614dc3ff883eae49bcb768d

理想通りのパートナーに、自分が変えられると思っている。

08.
自分に忠実でいてほしいと思う

自分の思うように誘導するのが、心のどこかで快感で、理想通りにいかないと不満に思う。

09.
心のどこかで別れが見えている

恋人が大病や事故にあったとしても、最後まで付き添い続けられる気がしない。

10.
愛されている時の自分が好き

2e9e715a263a8e6f849e055923673c6d967ca3be

自分の価値の大半は、誰かから愛されていることであり、認められていることだと思う。


いやぁ〜すべてとは言わないまでも、改めて考えてみると、これがなきにしもあらずで(笑)。順調な時ではなく、自分が不満を抱いてしまった時こそ、「ただの自己欲求になっていないか」「相手の気持ちに寄り添うことが出来ているか」、心に聞いてみることが大切なんでしょうね。

Licensed material used with permission by HIGHER PERSPECTIVE
いつ誰にも邪魔されないで、自分と向き合った時間を過ごしたのかを考えてみてください。もし、思い浮かべられなかったら、依存症の可能性があるかもしれません。
ドクター・スースは「恋をしていると眠れなくなるのは、現実が夢を超越するから」なんてロマンチックなことを言いましたが、相手に夢中になりすぎて盲目になってしま...
「恋愛体質」であることは、ごく普通だと思うんです。だって、誰だって愛されたいと思うものだから。ただ、愛情を貪欲に求めすぎてアプローチの仕方を間違えてしまう...
愛は深い。それは約2800年前に古代ギリシャ人が生きていた時代から同じだった。愛をより理解するには、彼らの考えを学ぶのがいい。エロス、フィリア、アガペーは...
やめたい、自立したいと思っていてもなかなか抜け出せないのが、「彼氏依存症」。遠距離で会えないから彼氏の気持ちが離れないか心配、とにかく別れが怖い、大好きす...
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
職場や家族、友達関係、様々にシーンを変えて説明していたけれど、胸の傷口に沁みたのが、「カップルにおける距離感」。やっぱり当事者になると、間違えてしまうこと...
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
「好き」と「愛」の違いを見分けるのは、難しいものです。人はいつ「好き」になって、いつ「愛」するようになるのでしょう。ここでは、何人かの恋愛アドバイザーの見...
昨今よく取り上げられる「EQ」。これは、自分と周りの感情をうまく読み取ることができて、適切な行動をとれているかどうかを基準を表す「心の知能数」。この指数が...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
もっと良い人はいるはずなのに、「ダメ男」ばかりを好きになる人いませんか?なぜそうなってしまうのか、「The School of Life」がわかりやすく解...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...