「愛」における7つの誤解

「恋愛体質」であることは、ごく普通だと思うんです。だって、誰だって愛されたいと思うものだから。ただ、愛情を貪欲に求めすぎてアプローチの仕方を間違えてしまうと、その恋愛は悲しい結末に…。

そうならないためにも「Your Tango」のKelly Garnettさんが教えてくれる「恋愛で誤解している7つのこと」を参考にしてみてください。恋人との時間を楽しむために、まずは恋愛との向き合い方を変えてみては?

01.
依存しなくてもいい。

319d03c81db0c91fa8d010888d2bd43ef158cf20

強い絆で結ばれるのは、どんな関係にも大切なこと。でも、ちょっと離れてしまうだけで心にぽっかりと穴が開き、自分を見失ってしまう…。そんなどうしようもない状態を俗に「恋愛依存症」と言います。

本当に心から通じ合えているパートナーであれば、お互いに相手の励みになり、刺激を与え合い、相手がいることでひとりでは見出せなかった可能性が開ける。たったそれだけなのです。

わかりやすく例えると、恋人はあくまでも飾り付けの「アイシング」。決して「ケーキ」ではありません。

02.
苦しんでまで関係を続けなくてもいい。

愛で傷つく必要なんてありません。本当はもっと簡単で、楽観的なもの。束縛することなく、もっと自由でいいのです。さらにソウルメイトとも呼べる相手に出会えれば、人生はより素晴らしいものになるでしょう。

もし相手があなたを責めてくるようであれば、それは「ミラーリング効果(同調効果)」の可能性が…。自分の気に入らない部分が相手にもあると、ついきつく当たってしまう。これは最低な行為なのです。

03.
自分を犠牲にしなくてもいい。

258b4f727895f2cf167408f590552f07a3ac3a87

飛行機に乗ると、まずは自分の身を守る安全装置の説明がありますよね?「まずは自分」、それは恋愛でも同じなのです。自分を愛することが第一です。そうでなければ、誰かを愛することは難しいでしょう。

だから、相手の幸せを優先するあまり自分を見失わないでください。相手が何を求めているのかを理解しつつも、自分らしくいられる方法を導くのです。

04.
パワーバランスは気にしなくていい。

偏見を持たず、相手を見下さない。その関係性こそが愛。相手を受け入れ、敬い、支え合うべきなのです。

05.
心の溝を、愛で埋めなくてもいい。

6500049b4782005a7471a0f7a4183e96806201c3

人生に物足りなさを感じても、それを愛で埋めようとしてはいけません。それは残念ながら、愛ではなく飢え。本当に自分を愛せている人は、どんな状況でも自分がどうあるべきかを見失わない人。恋愛は自分の理解を深めるためのひとつの「ツール」であり、根本を変える必要はないのです。

愛は、どんな人の心にも宿るもの。愛する人ができると活性化し、愛情が内から溢れ出るようになれば、長く続いていくでしょう。一方で薄っぺらい愛は、すぐに消えてなくなります。

恋に「落ちる」なんて言いますが、恋することで人は「広がっていく」と言ったほうが正確なのかもしれませんね。

06.
「誰かを幸せに」しなくてもいい。

自分を幸せにできるのは、自分だけです。

相手からすべてを与えてもらおうとしてはいけません。平等な関係にこそ愛は築かれるものなのです。

そう、愛は「オプション」のようなもの。愛だけで人生は「完成」しません。

07.
愛に固執しなくてもいい。

86a40030a21480d637e4c5fb1b64318426b630ff

自ら打ち切らない限り、愛はなくなることもなく、褪せることもないでしょう。時には拒んだり、忘れたくなることもあるかもしれません。それでも決して消えることなく、いつも心の中にあるのです。

愛とは動詞。流れるままに受け取ればいい。

愛とは冒険。日々変わりゆく相手と「はじめまして」を何度も繰り返せばいい。

どれだけ愛を自覚できるか。どれだけ心を開けるか。もしかしたら、とてもスピリチュアルなものなのかもしれない。

最後に。愛する人に対して感謝の気持ちだけは怠らないでください。そして、愛は「喜び」であることを忘れないようにしたいものですね。

Licensed material used with permission by Your Tango
More content from YourTango:
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。でも、中には真実とは対照的な「有...
恋愛に正解も不正解もないけれど、2人の関係がなぜだかうまくいかない時って、往々にしてあるもの。必ず何かしら原因がある、けれどそれが自分では気づきにくいんで...
ドクター・スースは「恋をしていると眠れなくなるのは、現実が夢を超越するから」なんてロマンチックなことを言いましたが、相手に夢中になりすぎて盲目になってしま...
「一緒にいて幸せ」と感じられるパートナーって、かけがえのない存在。この幸せを維持するためには努力しなくちゃいけないけれど、色んなことに忙殺されて、わかっち...
正直になるのって、結構難しいことです。大人になるにつれて、周りの意見を気にするクセが染みついてしまっているのもしょうがありません。でもだからこそ、大切なパ...
恋愛が上手くいかないと悩んでいるあなたに、知っておいて欲しいことがあります。それはなんら難しいことではなく、考え方を少し変えればいいだけのことなのです。拙...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...
「恋人よりも、あなた自身の大切なことや幸せを優先するべき」。そう語るのは「Elite Daily」のライター、Emily Brookshireさん。良い恋...
期待に応えてくれないパートナーに、イライラしていませんか?もしかしたらそれは、恋愛に対する「期待」が大きすぎるせいかもしれません。そう気づかせてくれるのは...
付き合っていると、ときどき思ってしまうのは「本当に愛しているの?」ってこと。疑うわけじゃないけど、“気持ち”の部分を確かめたくなるときだってある。「Eli...