許しちゃいけない、恋愛のタブー5つ。

関係がギクシャクしている、もっと理想と思える人に出会ってしまった、一度はうまくいっていた恋愛が幕引きに向かう要因はいろいろあるでしょう。ところが、なかには迷う余地なくすぐにでも断つべきときがあります。それは、パートナーとの関係が自分に悪影響を及ぼすようなとき。

ライターAlison Segelさんが記す行動に心当たりがあるようならば、自ら関係を断つ強さを持つべきときかもしれません。「Elite Daily」よりご紹介。

恋愛に、涙はつきもの
なんてことはない!

3013644b532d70ef1d65b69c547a86e8e130fb0e

社会が押し付ける恋愛のイメージって、思っている以上に歪んでいるもの。泣いたり、ケンカをしたりしなければ「意味のある恋愛」じゃないなんて…そんなはずないでしょ?

渦中にいると「愛」と解釈して、許してしまいがちな有害な行動ほど、恋愛において危険な材料はありません。

私も過去に、自分に悪影響を及ぼす恋愛をしてきたことが何度かあります。もう少し早く抜け出しておけばよかった、なんていまとなっては後悔…。ひとつの恋愛なんて、5年間も続けちゃいましたからね。当時は危険なサインが読み取れなかったんです。それに、彼の「許してはいけない行為」までもを愛していたなんて。聞いていてイヤになるでしょう?

この元カレは、私が友だちと時間を過ごすのを嫌がり、つねに私を独占しようとしていました。私はそれを「ようやく私に夢中になってくれるパートナーができた」と解釈。気づいたら友だちとも家族とも連絡を絶ってしまい、とうとう彼しか話し相手がいない状態に…。そこまで追い詰められたところで、私は最悪な扱いを受けるようになったんです。

「やましいことがなければ、確認したっていいはずだろう」と隅々までケータイを確かめられたり。これは愛ではなく、ただの束縛だって気づいたときには、後の祭りでした。

こんな状態に自分を追い込んでしまう前に、パートナーの行為から危険サインを読み取れるようにしておきましょう。

01.
家族から引き離される

6bb0fd903d67f1c6d3e4d940db33632de96a76f8

友だち、家族、そして愛するものすべてから引き離そうとするのは有害な恋愛のサインであると、School of Love NYCのMonica Parikhさんも主張しています。

「こういったタイプの人は、あなたの親友をきらい、ときにあなたの家族を悪く言うこともあるでしょう。彼らのゴールは、心の支えとなる重要人物たちからあなたを引き離すこと。そうすることで、あなたを洗脳しようとするのです」

気づいたらパートナーとしか時間を過ごしていない。とハッとしたのなら、その関係が果たして健全かどうかいま一度じっくり考えてみましょう。

02.
個人アカウントまで共有

「メールや電話、そしてネットの履歴を隅々までチェックするのは束縛する人に共通する特徴」とParikh氏。これはさすがにプライバシーの侵害です。

個人アカウントをすべて把握しようとするのは、あなたを見えない綱できつく繋いでおきたい証拠。これは許すべき行為のうちには入りません。ある行為を断ることに対してどれだけ相手が罪悪感を押し付けてこようと、拒むべきところは自分の中で明確に持っておきましょう。

03.
一方的に責めてくる

9d6ade60b165a0ea3669aeadf7756efc70847cc1

Blush Online Coachingの創始者、Kali Rogersさんは、自分の行為に責任を持たないことを有害的な行為のひとつとみなしています。

「たとえば相手が傷ついているのが目に見えているのに、謝るどころか『キミが繊細なだけだよ』だとか、『キミは本当に自分の状況が見えていないんだね』などと責めてくること。これは、あなたの考えを支配しようとしている証拠です。あまりにもこの手法であなたを洗脳してくるようなら、関係に終止符を打つことも視野に入れたほうがいいでしょう

以前付き合っていたカレは、私に暴力を振るい、「なんでオレをこうさせるんだ?こうさせるお前がきらいだ」と自分の暴力をまるで私のせいかのように話してきたのです。暴言や暴力は、自分で責任をとるべきものです。このような態度の正しい対処法は、その関係を断つこと。

04.
相手をかばうようになる

lovevictory.comのLeslieBeth Wish医師は、相手の行動を必死に正当化する行為は、有害的な関係に巻き込まれているひとつのわかりやすいヒントだと強調します。 

「健全な関係が育めていれば、言い訳なんてする必要はないはず」

いくら大事な人でも、彼らの行為を何としてでもよく見せようとするのは、健全とは言い切れないもの。

05.
自立心を奪おうとする

6e58a7a7898cc6a97a0c6459aa61a6076475a2ca

ひとりで自由に過ごせる時間や自立心が欠けてしまうのは、その関係が有害であるサイン。

「幸せを手に入れたいのなら、自分の自由を大切にすること。自由とは、恋愛においても欠かせません。恋人がいても、友だちや家族との時間を楽しむことを忘れず、自分のアイデンティティを確立させましょう」

一歩引いてみたときに、相手が支配的だったり、嫉妬心の強い人に見えるようなら、その関係は毒を抱えているのかもしれません。あなたをもっと大切にしてくれる人がいることを信じて、新たなステップを踏み切ることが、素敵な出会いの引き寄せに繋がりますよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
「Elite Daily」の Alison Segelさんの記事より、恋愛で決して耐えてはいけない6つの兆候。パートナーによる精神的・肉体的暴力、態度・感...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいるかもしれません。数少ないデートをドタキャンされたり...
50%が1年未満で別れてしまう厳しい遠距離恋愛。結婚に至るケースは全体の13.5%でしかありません。1度別れた遠距離恋愛を復縁する前に、よく考えておかなけ...
40歳になった「YourTango」のライターLaura Lifshitz氏。これまで“それなり”の恋愛経験を積んできたと自負する彼女。こう聞くと「なにを...
「パートナーのため」と思ってしていることが、じつは想像以上にあなたの首を締めてしまっているかも…?だって「犠牲」と「妥協」のちがいは、恋愛にどっぷりハマっ...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
恋愛関係で悩んでいる人へ。「何だか最近うまくいかない…」と感じているならば、何が原因なのか、まずは自分の胸に手を当てて考えてみましょう。もし自分に思い当た...
「Elite Daily」の人気レズビアンライター・Zara Barrieさんは、30代がパートナーに求めるべき特徴を洗い出してくれています。少しぶっ飛ん...
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
あなたはレズが男性を愛することは、不思議だと思いますか?愛とは形式ばったものではなく、様々な形を持つものだと話すのは、その毒舌で正直な書き口調が好評な「E...