どうしても恋愛ができない人に、知ってほしい「10のコト」

恋愛って難しい、恋愛に自信がない、人と距離を縮めるのが怖い…。これは、大小の差はあれど、男女関わらず抱えている悩みのはず。何かしらの理由でコンプレックスを抱えていたり、男性不信・女性不信に陥っていたり、親の影響でトラウマがあったりする人は、なおさらでしょう。

そう悩んでいるあなたに力強いアドバイスを送ってくれるのは起業家のポール・ハドソン氏。彼は人生の成功や失敗の要因について日々研究を行っている人物ですが、「恋愛」もその対象の一つだとか。「ELITE DAILY」に書かれたアドバイスは、男女問わず必見です。恋愛に対する不安が払拭されるかも。

E42bec646c17cba28b488a91054d62ee1beb5ba0

私は心配なんだ。若い人たちはなんだか恋愛に諦めのような感情を抱いている。デートするためにデートしているようなことも見うけられる。この意味がわかるだろうか?わからないということは、きっと多くの人が愛するということを理解できていないということなのだ。

01.
愛と幸福は
育てるものだ

私たちの世代は、モノで確実に豊かになった。物理的な距離感をほとんど感じなくなり、そのせいもあってか心の距離を近づける必要がなくなった。わかり合おうとすることが大切なのに、私たちは努力を怠っている。心の交流こそアナログであれ。当たり前だが、気持ちは伝えないと届かないのだ。

瞬間を生きる君たちへ伝えたい。人生の長さをもっとよく考えることだ。目先の満足なんて、人生の1ページの中でほんの数行にしかならないのだから。

02.
アルコール入りの愛情は
混乱を呼ぶ

お酒やドラッグなど、私たちは瞬間的な快楽に溺れることがある。悲しいことを忘れるため、苦しい環境から脱出するために、逃避に走る。感情が急激に高まり、強烈的な愛情を感じることができるかもしれない。だが、結局のところそこから得られるものは混乱でしかない。真実からは遠ざかっていくだけだ。

03.
カラダだけの関係より
「孤独」の方がマシ。

4a06149fb62ea7b2fee51be46b713128d46e8a09

一年で複数の人と寝る。ふつうのことだ。でも、時々虚しさが心をよぎりはしないだろうか。さみしくて、一夜を共にする。でも行為の時やそのあとになってより深く孤独を感じる。意味のない人と、体を重ねるのはやめにしよう。愛が余計にわからなくなるからだ。SEXで孤独になるくらいなら、今夜は独りで過ごそう。愛を忘れないために。

04.
自分の欲求だけではなく
誰かと何かをする喜びを

世界の中心にいるのはもちろん自分だ。それは変えられない。ただ、私たちがこの社会の中で、誰かと共生していく他ないのは事実。時には共感して、わかり合いながら、共に生きていくしかないのだ。そして、自分の欲だけで生きるのをやめたときにこそ、初めて誰かと生きることができるようになる。

05.
「デートをすることが目的」
のデートは時間の無駄

デートはスポーツになってしまった。若い世代にとっては、気晴らしのためにするものに感覚は近いかもしれない。しかし、私たちは愛するべき人と出会うためにデートする。

愛することとデートを重ねることとは本当のところ関係ない。ただただ時間を共有することだけが愛情だと思い込みがちだが、中身のない時間をどれだけ過ごしたところで、相手のことも知れず、自分のこともわかってもらえず、ただただ出会うべき人と出会うタイミングを逃して続けているに過ぎない。

06.
歩み寄りは
すべてではない

妥協は最善の策だろうか。時には苦い薬を飲まなければいけないこともある。そして、意見の相違があってこそ分かり合えるチャンスがあるのだ。我慢して歩み寄ってばかりいても一生誰かと深い関係にあることはない。時には真正面から向き合う勇気も必要なのだ。

07.
おとぎ話と現実は違う

7157672252ec2705bbcbc14b18dcbc05c5f28675

子どもの頃によく聞かされた昔話や大好きだったストーリーの数々。それらは必ずしもハッピーエンドではなかった。が、物語というものは人々の想像を裏切ることも目的の一つ。だから現実とは違う。答えはシンプルだ。

08.
「完璧」になろうと
しないこと

人はよく完璧を目指すがそんなものは存在しない。そして、完璧を目指そうが目指さまいが失敗した時の痛みは本物だ。それは期待との落差が大きいほど強くなる。他人のことはよく見えるものだ。

09.
パートナーと歩む人生こそが
「幸福」

私たちは、個人の生産性や成長に集中することができる時代に生きている。自分のために一生懸命になれたことを誇りに思う。夢や目標を持ち、努力してきた。ただ、自分のことに打ち込む一方でパートナーの存在をおろそかにしてはいないだろうか。

愛する人を見つけることは、人生において最も大切なことだ。なぜそれに気づかないのか、私にはわからない。

10.
不器用でもいい
ありのままの愛を伝えよう

愛ってのは面倒くさい。混乱もする。新しいパートナーができて、生活が変わって、必然的にどんどん複雑になっていく。正直なところ愛することで何かがよくなるのか、悪くなるのか、私には答えられない。

世界に同じ人はひとりとしていない。わかり合うことにも愛することにも労力が必要だ。それには上手いも下手も関係ない。ひとつだけ言えることがあるとすれば「愛することを諦めたら、幸せになれない」。ただそれだけなのだ。

Licensed material used with permission by ELITE DAILY

大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
「Elite Daily」に母親と喧嘩することなく、恋愛相談をする方法が掲載されていた。読んでみると自分よりもずっと愛を知っている、一人の女性としてのアド...
なかなか恋愛がうまくいかない…。そんなあなたに知っておいてほしい「7のコト」があります。構えないで気楽にしている方が、いい運って巡ってくるのかも。01.相...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
恋愛とは、うまくいっていると「永遠に続く」なんて思うものですが、実際は想像以上にもろいもの。でも「この人だ!」と思う人なら、できるだけ関係を長持ちさせたい...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でセックスしておくべき、というのがこの記事の主張...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
恋愛は、人を盲目にします。ひとつの恋が終わって初めて、大切なことを学ぶこともあるでしょう。「Elite Daily」のライターPaulaさんが寄稿している...
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...