5種類の愛の伝え方。あなたの彼はどれに当てはまるか知ってる?

今の彼とはお互いを大切に思っているはずなのに、なぜかしっくりこないと感じていたりしない?もしくは、過去にそのような状況に陥ったことはない?

答えが「YES」のあなたには、ライターのTayi Sanusiさんが「ラブランゲージ」についてまとめている「Elite Daily」の記事をオススメしたい。ラブランゲージについて知ることは、とっても大切なことだと思う。(というのも、私も過去に為になったことがあるから…!)

「愛」とは、たくさんの意味を含んだ言葉。遠くにいても感じることができるし、平凡なジェスチャーで伝えることもできる。でも、大好きな相手なのにお互いにその愛を感じられずにいる場合は、お互いの「ラブランゲージ」を使って愛を伝えられていないからかも。

ラブランゲージは5つある。これらは最初に、Dr. Gary Chapmanがニューヨークタイムズのベストセラー本『The Five Love Languages: How to Express Heartfelt Commitment to Your Mate』で紹介しているもの。

この本でDr. Chapman氏は、30年以上カップルのカウンセリングをおこない、その結果、人々の愛情表現の仕方を5つのグループにわけたのだ。

言葉で伝える、意義のある時間、サービス提供、物をもらう、触れ合い。

どれも良く聞こえるかもしれないけれど、Chapman氏によると、ほとんどの人はこの中の1つか2つを、残りのものよりも大事にしているんだとか。

このコンセプトを考えると、うまくいかないカップルの状況に説明がつくかもしれない。あなたの恋人は、毎日「愛してる」と言ってくれて、素晴らしいプレゼントも買ってくれる。でも、仕事が忙しくて一緒に過ごす時間があまりにも少なく、セックスや身体的な触れ合いが少ないとする。

すると、相手の努力も空しく、あなたは本当に愛されていると感じることができなくて、相手は相手で「どうして自分の気持ちがちゃんと伝わらないのかな」と混乱することに。

これが、お互いに違うラブランゲージを使ってしまっているカップルの例。でも大丈夫、恋人を観察してコミュニケーションをしっかりとることで、解決できるようになるはずだから。

5つのラブランゲージについて、詳しく紹介しようと思う。読みながら、あなたの恋人はどれに反応するかを考えてみて。わかったら、相手のランゲージに合わせて上手に愛情表現ができるようになるだろうから。

01.
言葉での愛情表現

相手から言葉で気持ちや愛情を表現してもらうことほど嬉しいことはないと感じる人もいるはず。あなたやあなたの恋人が言葉を大事にする人なら、褒めたりして愛情表現することはとっても大事。

こういう人は侮辱や非難にも敏感な可能性もあるから、話すときは言葉の選び方や伝え方をしっかり考えるようにね。

02.
一緒に過ごす時間

恋人と一緒の時間を過ごすことを大事にする人にとっては、言葉での表現は「絶対」ってわけじゃない。重要なのは、2人だけの時間をちゃんと過ごせているかどうか。

こういう人は、しっかり相手にしてもらっていると感じることが重要。だから、週末をたくさん一緒に過ごしたり、デートをたくさんすることね。約束をしたはいいけどリスケばかりしたり、デート中に携帯ばかり見ていると、自分は大切にされていないんだと誤解してしまうかも。 

03.
サービス的な行為

このタイプは、行動は言葉以上に意味があるということを信じる人。何かを手伝ってもらえたり、優しくされるのが大好き。ランチをオフィスまで持って行ってあげたり、仕事で忙しい時には代わりに用事を済ませてあげたりすると良いかも。

反対に、言ったことを実行しない人や思いやりがない人とは合わないはず。

04.
プレゼント

私はこれまで付き合った人全員に、一生付き合っていくなら、「いつかきれいにラッピングされた箱の中から子犬が登場する」なんていうプレゼントを待ってると伝えていた。

プレゼントを貰うのが好きな人というと、物質主義だと思うかもしれない。でもChapmen氏によると必ずしもそうとは限らないみたい。好きな人から何かを貰うと、それが印象に残って、愛の象徴だと捉える人もいるっていうこと。

05.
ボディータッチ

セックスだけじゃなく、キスや手をつないだり、相手とイチャイチャすることが大好きな人っているよね。人によっては、物理的に接触されることで最高の気分になるの。だからこそ、このタイプの人たちが恋人のぬくもりを感じられないと「拒絶された」「愛されていない」と感じるかも。

どのラブランゲージがあなたとあなたのパートナーに合っているかを見極めるためには、普段から互いをちゃんと見ることが大事。一緒の時間を大事にする人は、ロマンチックなデートを企画したりたまにはしてもらったり。よくプレゼントをあげる人はきっと貰うと自分も喜ぶ人。こんな感じにね。

それでもわからなかったら、聞けばいい。恋人がどうやって愛されたいと思っているかを聞くことは、ロマンチックじゃないかもしれない。けれど、相手にとって最高に良いパートナーになりたいというあなたの努力に感謝してくれるかも。

Licensed material used with permission by Elite Daily