理想の彼氏が見つからない理由は、ある意味あなたが「ドM」すぎるからだった!?

あなたの知り合い、もしくはあなた自身にも言えることですが、いつも不幸な恋愛ばかりしている人がいませんか?

それでいって、「もっとイイ人と付き合いたい〜」と嘆いたりする人。実際に、オススメのメンズを紹介しても、今度は「なんかイイ人すぎるんだよねぇ…」なんて言い出したり。

このような人たちを見ていて、どうしてだろうと思っていたのですが、「The School of Life」の解説を聞いて、妙に納得してしまったのです。

「親に愛されたかった過去」が、
カレシ選びに影響…。

私たちは、子どものときに両親からうけとった愛情を再現してくれるような恋人を探します。ここで問題なのは、親からの愛は単に優しさや寛容さだけで成り立っているわけではなかったという点です。

そもそも、愛は苦痛をともないます。壊れやすかったり、波があったり、不完全であったり。

愛の複雑な部分は、私たちが大人になったとき、パートナーを選ぶ段階で大きな影響をおよぼします。自分のうけた愛が、本物かどうかを感じるため、一緒にいて苦痛をともなう相手をわざわざ選ぶことがあります。

そして、苦しみがともなわない相手のことは「退屈だから」などと、切り捨てる場合も多いのです。

子どもの頃、私たちは親に愛されるためにはどうしたらいいかを必死に考えていました。親が機嫌を損ねれば、自分が悪い子だからだと反省し、臆病になることもあったでしょう。

私たちは、パートナーに対しても同じような行動をとってしまうのです。

私たちは、幼い頃から築きあげてきた基盤を崩すことはできません。ゆえに、冷たく突き放すような人に惹かれたとしても、仕方のないことでもあるのです。

しかし、私たちは子どもではなくもう大人です。よく考えたうえで、パートナーを選ぶことができます。そして、子どもの時のような行動をするのではなく、しっかり大人として対応することができるはずです。

私たちにできることは、親にしてもらえなかったコトや本当はして欲しかったことを整理することです。そして、自分が幸せになるにはどのような相手を選ぶべきか今一度よく考えて、パートナーが自分よりも“幼稚”である場合は、“大人”な対応をするように心がけましょう。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Licensed material used with permission by The School of Life
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
彼氏もいいけど、最高の「男友達」をつくるべき14の理由をご紹介。
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
期待に応えてくれないパートナーに、イライラしていませんか?もしかしたらそれは、恋愛に対する「期待」が大きすぎるせいかもしれません。そう気づかせてくれるのは...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
世の中の女子は男性にとって、どういう理想像を持っているのでしょうか?恋愛ドラマや映画ではそんな女子の願望が如実に表現されていることもありますが、実際はどう...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
最初はだれでも恋愛初心者。付き合い方も相手の選び方もよくわからず「感覚で付き合っていた」なんて人も多いのでは?そんな行き当たりばったりの恋愛も、大人になっ...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
ただ愛してくれるのは当たり前。でも、それだけでは、だんだん関係がマンネリ化してきてしまって、なんだか物足りないと感じてしまう。そんなあなたに「Elite ...
人にはそれぞれソウルアニマルがあると言われています。それを知ることで、心の中に潜んでいる感情はもちろん、潜在的な性格と恋愛観も知ることが。ネコ、キツネ、パ...
愛を確かめるように、やさしく触れ合うふたり。好きであればあるほど、相手に近づきたくなるものです。男女の濃厚な空気感を描いたイラストは、どこか官能的で目をそ...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
パートナーとの関係を深めるのが怖いという思いは、往々にして辛い過去に結びついているケースが多いという。「本気で人を好きになって傷つくのが怖い」そうして逃げ...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。愛はただ幸せな...