5つのチェックポイント、すべて当てはまったら今すぐその彼とは別れて!

日々何かを積み重ねるとそれは“習慣”と化します。ともなると、“幸せ”と思えない恋愛を続けていると、本当の幸せからどんどん遠ざかってしまう……とも言えるでしょう。つまり、不幸な生活が習慣化されてしまうというわけ。自身も有害な恋愛を繰り返してきたという「Elite Daily」のCaitlyn Luce Christensen

ひとりを選んだ方がいいかも?
彼が「有害な存在」かもしれない5つの条件

5461871725379584

「過去の恋愛を振り返ると、私はいくつもの有害な恋愛を経験してきました。その特徴は様々でしたが、当時はその"有害な恋愛のサイン"を無意識のうちに無視していました。今は危険サインが読み取れるようになったし、ずいぶん賢くなったんじゃないかな。でも、そのせいか2年もまともに恋愛をしていないんです。過去の彼の有害な行動に洗脳されてしまったときの自分を思い出すと、なんだか気が引けてしまって。

でも、私がひとりの時間を過ごしてみて気づいたのは、有害なパートナーと時間を共にするくらいなら、ひとりでいたほうが何倍もマシだということ。そして「ひとり」を選べるようになるのも、大きなステップだということです。

彼の行動を思い出してみて。今から紹介する5つのことに共感しちゃったあなたは、シングルへの道を突き進むことも視野に入れてみましょう。

01.
ひとりにさせてくれない

5983132142534656

「最近ひとりの時間がとれていないな」と思うなら、それは有毒な恋愛にハマってしまっているサインのひとつ。友だちと遊びに行くときもパートナーがついてくる、ひとりでやりたいことも一緒にやりたがる……ここまでくると窮屈に感じてしまっても無理はありません。

Blush Online Coaching(ブラッシュ・オンライン・コーチング)の創始者、Kali Rogersさん曰く、どんな恋愛においても「ひとりで行動できる自由」は欠かせないと言います。

「パートナー抜きで友だちや家族と楽しめる時間を大切にしましょう。そうすることで個性を保つこともできますし、恋愛をしつつ自立心を保つことができるでしょう」

ひとりの時間を与えたがらないパートナーは、あなたを束縛したいと思っている可能性大ですよ。

02.
あなたのことが好きだと
頻繁に口にする

「まだそこまで関係が深まっていないのに、『愛してる』、『君なしじゃ生きていける気がしない』、『君がいないと死んじゃう』などと言われるようなら、即座に逃げることです」

とBroken to BlissfulのCEO兼創始者、Susan Ballさんは忠告します。

あまりにも早い段階で “I love you” を口にする人や、あなたがいるかいないかで精神状態を崩してしまうような相手は、あなたに夢中になりすぎるあまり、愛が狂気に豹変する可能性あり。こういったケースは、往々にして相手を支配する関係へと発展する傾向にあります。

03.
すぐに嫉妬してくる

6010554871185408

すぐ嫉妬されるとわかっていると、つねに相手の機嫌に合わせないといけない気がしてしまうもの。友だちや家族と時間を過ごしているだけなのに行動を疑われてしまったり、自分が上手くいったことを良く思ってくれなかったり。彼らのリアクションを恐れて、最終的には嬉しい出来事すらシェアできなくなってしまう……なんてことも。

前述のRogers氏は「嫉妬心は自律心を乱します。これは長く付き合っていきたいのなら、あってはいけないことです」と言います。

ここまでの3点だけでも、すでにパターンが見えているのでは?有害な恋愛にハマると、自分の行動、交流を持つ人、そして感情の3つが制御されてしまうのです。

04.
セックスは彼のニーズが第一優先

有害な関係でのもう一つの心配点は、セックス。彼らは欲求が満たされていないとき、“セックス”をツールにして相手を洗脳しようとします。

私は過去に絶頂を迎えさせてくれない彼と付き合ったことがありました。それどころか、自分が気持ちよくなれないことを私のせいにしてきました。

もしパートナーがセックスにおいて、あなたを気持ちよくさせることに興味を持っていないようなら、それは大きな危険印。彼らはあなたのことを想っているフリをしつつも、最終的には自分への愛情を受け取ることしか考えていないのかもしれません。

05.
気づいたらいつもあなたのせい

5486611374538752

パートナーの行動に傷つけられているのにも関わらず、それをあなた自身のせいにしてくる相手には要注意。こういった類の人は、アメリカでは“ガスライター”という呼称があるそう。

次第に、相手に「自分がおかしいんじゃないか」、「自分のせいかもしれない」と思わせていくのが、ガスライターの特徴です。一見わかりにくい洗脳法ではありますが、こういったパートナーとの関係は直ちに断ったほうがいいでしょう。

あなたの考え方をコントロールしようとしたり、あなたの自由を奪おうとする相手と一緒にいるのなら、できるだけ早く関係を断つことが幸せへの第一歩。

パートナーの行動を変えることは、不可能かもしれません。でも、関係を断つことは今すぐにできるはずでしょう?

Licensed material used with permission by Elite Daily
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
彼のためにも、自分のためにも。
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
失恋した彼ともう一度復縁するには、別れる前よりもっといい女性になることが必要です。放置期間は、そのためのチャンス!自分を磨いて彼に別れたことを後悔させてし...
すべて当てはまるなら、別れるしかないでしょう。
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
「Elite Daily」の Alison Segelさんの記事より、恋愛で決して耐えてはいけない6つの兆候。パートナーによる精神的・肉体的暴力、態度・感...
じつは彼との関係、まだまだ良いものになるポテンシャルを秘めているかもしれませんよ?今諦めちゃっていいんですか?
「Elite Daily」のパートナーとの関係が終わっていることを示す4つのサインを読めば、見て見ぬフリをしてきた“恋の結末”と向き合う勇気が湧いてくるか...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
こういう彼とは、未来なんて考えられません。
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
適当な関係のパートナーを「よし」としていませんか?「これくらいなら許せる」と妥協していると、いつの間にか将来が見えない恋愛になってしまうことも…。「I H...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
恋の終わりはネガティブなイメージで捉えられがちですが、逆を言えば新しい恋のチャンス。「そのうちいい仲になれるかもしれないから」と関係をダラダラ続けてしまう...
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
失恋から立ち直るのって、どうしてこんなにも難しいのでしょう。恋人と別れて、SNSのフォローも外して、連絡先も消して、偶然会ったりしないように相手のいそうな...
恋愛関係で悩んでいる人へ。「何だか最近うまくいかない…」と感じているならば、何が原因なのか、まずは自分の胸に手を当てて考えてみましょう。もし自分に思い当た...