「運命の人」を見つけたら、カラダはこんなことになる。(※専門家調べ)

運命の出会いって、信じます?

「オフィスのロビーで初めて彼女とすれ違ったとき、顔も見てないのに、稲妻に打たれたみたいにビビッときたんだ。思わず声をかけた。で、振り返った彼女を見て、またビビっときた。あんな思いは、後にも先にも彼女だけだよ」

こんな『君の名は』みたいなことを言ってた知り合いの歳の差カップルは、その後結婚して子宝にも恵まれている。

胸がドキドキする、とかビビッとくる、キュンとする、とかとにかく感覚的ではあるんだけど、「決定的な恋」に落ちると、カラダに何かが起こるのはどうやら間違いないようす。

そこで「Elite Daily」の さんの記事から、カラダから否応なく出る「好き」のサイン3つを、専門家調べでお届けしよう。

01.
相手の匂いが、なんとも言えず好き

6075989100593152

性科学者でありリレーションシップ・エキスパートの Lisa Hochbergerさんによると、「その人の匂いが、なんだか好き」と思うのは、フェロモンの反応によるもの。

フェロモンは、動物が自分と違う免疫系の個体を特定するのを助ける自然のツール。異なる免疫系同士が結びつくことで、より健康な子孫を望むことができるのです。結局は動物的本能なのだから、人間だってフェロモンの影響力には敵いません。

具体的にどんなふうとはいえないけど、とにかくその人の匂いが好き、と思った相手は遺伝子的にも運命の人と言えるのかも。

02.
ものすごい引力で、体ごとそっちを向いてしまう

夢中になっている相手には、ついついカラダごと向いてしまうのって、実は結構わかりやすい「好き」のサイン。彼女を溺愛してる彼氏が電車でもどこでも常にカラダごと彼女の方を向いていたりするのもよくあることです。

これは自分を無意識のうちに相手に向けて「発信」している証拠でもあります。相手に気づいて欲しい!という思いが溢れてきちゃうんですね。キスしたいからくっつきたい、そっちを向いていたいと思うのでは、と感じることもあるかもしれません。「心の底から惹かれている相手でなければ、必要以上に近づこうなんて気持ちはまず起こりません」とLisaさん。

運命の相手の魅力は文字通り「引力」となって、あなたを惹きつけて離さないのです。

03.
いつでも、心のどこかに「いる」

4856140005376000

恋の沼にどっぷりとハマっている時は、ご飯を食べる時も寝る時も、相手の顔を上手くまぶたから離すことができません

何かにつけて気が散ってしまうか、いつも頭のどこかでその人のことを考えている状態になります。特に最初のうちは、普段通りの生活をするのも一苦労かもしれません。

買い物をしていても、仕事の時でも、相手のことを思い出す時間があるというのは愛の証。逆に「愛の反対は無関心」というように、すっかり相手のことを忘れて何日過ごしても平気なようなら、それは本当の愛情とは言えないのかもしれません。

兎にも角にも、愛は論理を学んだからといって、即実行できるものではありません。ピンとくる項目がなかったのなら、今はそのぶん仕事や友情、家族、そして何よりあなた自身に愛を注ぐことに集中できるということでもあるのです。

情熱的な恋愛以外にも、あなたの周りは、愛すべきもので溢れているはずなのですから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
これまでに「運命の人」だと感じた経験は、何度かあるかと思います。でも、「違った」「思い過ごしだった」「出来心だった」という結末を迎えてしまうことも、同じく...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
恋愛映画やラブコメで必ずといってもいいほど登場する「運命の人」。現実にそんな人いるの?と疑うあなたに、今の相手が運命の人かもしれない「11のサイン」をお教...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
"最高の相手"と出会えたとしても、それが"最高なタイミング"じゃなかったら…。その恋愛は発展するのでしょうか?「Elite Daily」の恋愛アドバイザー...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
あなたは、運命の相手を信じますか?「Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介した...
最高の人生を手に入れるために必要なのは、運命の人との出会い?ネガティブな気持ちを振り払い、ポジティブに物事を見せてくれる相手と一緒にいると、この上ない至福...
素敵な誰かに出会い、些細なことでフィーリングが合う。そんな時、相手を「運命の人だ!」と考えたことはありませんか?でも、「Elite Daily」の人気ライ...
「運命の相手」は、どうしたらわかるだろうか?人生で体験することの多くは、幻のように実態がない。そのくせ不安や情熱といった自分の気持ちだけは本物で、頭の中で...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
ただ、幸せを与えてくれる人だからって、長く付き合うのにふさわしい相手とは限らない。Caitlyn Luce Christensenは「Elite Dail...
運命の相手と出会って結ばれる。その始まりは、一目惚れもあれば、長い片思いの末にだということも。いずれも、何気ないことがキッカケで「心が通じ合い」愛を育んだ...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...
運命の相手って本当にいるのでしょうか?どういう時に、運命を感じるのでしょうか?「Elite Daily」で男性ライターが「今の相手が運命の相手か見極めるチ...
運命の相手なんているわけない。そんな風に恋愛に臆病になってるあなたも、もしかしたらすでにソウルメイトに出会っているのかもしれません。海外メディア「High...