「物欲を満たす=幸せ」という誤解。幸せになれない9つのワケ

買い物はハッピーな気分になるし、いいリフレッシュになります。

でも、「becommingminimalist」のJoshua Beckerさんによれば、人はモノを購入することで余計なものを増やしてしまい、かえって幸せから遠ざかっている可能性があると言います。

今回は、ミニマリストの視点から彼がまとめた「モノを買うことでは幸せにはなれない9つの理由」を見てみましょう。

01.
カタチあるモノは
いつか壊れる

お店で売っている新品の商品はキラキラ輝いて見えますが、家に帰ってパッケージを開けた瞬間から劣化が始まります。購入した時点で、もうその商品はお店に並んでいたときほどの価値がないのです。

02.
どんな最新モデルも
すぐに時代遅れになる

03.
心配事が増える

知っていますか?私たちは知らず知らずのうちに、自分たちで心配事を増やしているのです。最新モデルのスマホを買うと、携帯に傷をつけないように気をつけたり、盗難を警戒したり、といったふうにね。

04.
モノには
メンテナンスが必要

メンテナンスには時間、エネルギー、お金がかかりますよね。ものを所有しているようで、ものに所有されてはいませんか?そのメンテナンスに必要なものを、あなたをもっと幸せにすることに使ってみてはいかがでしょう。

05.
お金の価値は
思っている以上に高い

私たちは働いて、お金を得ています。あなたが今欲しいものは、あなたが何十時間も働いて買うだけの価値があるものですか?

時間は有限です。あなたの貴重な時間を使って働いて得たお金を「モノ」に変換してしまうより、もっといい方法があるはず。

06.
他人からの目を
気にしてしまう

私たちは無意識のうちに、最新の車、スマホ、バッグで周りを驚かせたいと思ってしまいます。でもあなたが考えているより、人はあなたのことを見ていませんよ。

みんな、それぞれのことで忙しいのですから。

07.
他人の持ち物を
気にしてしまう

隣の芝は青く見えてしまうもの。でも、足ることを知らずに、いつまでも他人のことを羨ましく思っていては、幸せなんてやってきません。

08.
モノで人は
満たされない

クローゼットや引き出しに溢れるくらいの洋服やバッグ。どれだけ持っていても、また新しいものが欲しくなります。結局、私たちは買い物で満足感は得られず、いつも何か物足りない気持ちなのです。

09.
経験は買い物よりも
価値がある

何かを買うよりも、どういう経験をしたかということの方が人生において大切です。何かを達成した時の満足感は、あなたの今後の人生に末長く影響を与えるでしょう。

最後にひとつ

ミニマリストとして、最後に1つだけ。ミニマリストは自分の物欲を否定するものではありません。自分の物欲に再度、問いかけるのです。「それは本当に必要なもの?」と。

私たちには、モノより大切なものがたくさんあります。愛、友情、正義、社会貢献…。ミニマリストの目標は、自分の大切なものや幸せを自分の価値観で探すことなのです。

Licensed material used with permission by becomingminimalist