ヨーロッパで一番幸せなのは「デンマークのおばあちゃん」だった

Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。

同国は、高額な税制度と引き換えに、充実した社会福祉を実現しており、「世界一幸せな国」と認識されることもあります。若者よりも幸福度が高いなんて、驚きますよね。

若年層よりも
高齢者のほうが幸せ!

6560f2c312536eb59c4c9b19bf550e41b7fcb1ad

研究結果によれば「65〜74歳のデンマーク人女性」の生活満足度は、10点中8点以上と、もっとも満足度が高い結果に。これはイギリスやスウェーデン、スイスやオランダでも同じような傾向が見られ、「16〜24歳」の人々よりも幸福感を感じていることを示しています。

デンマークにある「The Happiness Research Institute(幸福度研究所)」のCEO、Meik Wiking氏は「The Telegraph」にこうコメント。

「人生は、とにかく若い頃がピークで、そのあとは下り坂だと思われがちです。が、特にデンマークでは、40代以降に幸福度が高まっていく傾向があります」。

リタイア後こそ
人生で一番幸せな時間

裏を返せば、幸福を感じている人のほうが長生きしているとも言えますが、余生を「自由な時間」と捉えられるかどうかは、大きな違いかもしれません。少なくとも調査の結果から言えば、デンマークのおばあちゃん達は、リタイア後の人生に対して、とてもポジティブであると考えられている模様。

World Happiness Report」が発表した「2015年最も幸せな国ランキング」でも3位にランクされている同国。1位、2位に名を連ねていたスイス、アイスランドを除けば、世界で一番幸せな人たちと言っても過言ではない!?

外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
幸せな人生を送るためのヒントって、身近にあるようで実際はうまく見つけられないことのほうが多いですよね。幸せになるために、本当に必要なものとは何か?それを教...
今年も国連の世界幸福度報告書による「世界で最も幸せな国ランキング」が発表されました。このランキングは、2012年から毎年リリースされているもので、世界全体...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
「犬が左膝の匂いを嗅ぐ」「血豆ができる」「ニシンの骨を折る」。世界には、「幸せを招くしるし」がたくさんあります。日々の暮らしに息づいている、気づくと嬉しい...
たった1週間、Facebookの利用を中止しただけで、日々の生活が満ち足りて幸せになれる。ある研究結果が示した事実によれば、ソーシャルメディア全般に共通す...
最近のおじいちゃんやおばあちゃんは、とってもパワフル!見ているだけで元気がもらえて、ポジティブな気分になります。ここでは、いくつになっても挑戦を続ける元気...
幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
日本最大のモザイクタイルの生産地として盛り上がりを見せる、岐阜県多治見市笠原町。ここで『幸せなお家』と呼ばれる建物再生プロジェクトが始まった。
誰でも幸せになりたいものですが、なぜか“不幸”を呼び寄せてしまう人っています。でもそれには、“幸せではない人”のやりがちな行動や特徴があるからです。アメリ...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
これまで250人以上の起業家やCEOたちのビジネス本を監修し、ときにゴーストライターとして彼らの言葉をつむいできたJeff Haden。今回「Inc.co...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情ですよね。
「The School of life」の動画は、幸福を追求する行為には“ある問題”が潜んでいると注意します。また、それを解決するアドバイスも提示。頭の片...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...