デンマーク発の水中ライブ、これ想像以上にイイ

2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーが水槽の中に身を沈め、演奏するというもの。

本当に演奏できているの?それっぽいだけで音もイマイチなんじゃない?なんて思ったそこのあなた、まず動画をご覧ください。

コーラスや打楽器を担当するなど役割はバラバラですが、それぞれのパファーマーが奏でる音がライブ会場での演奏のように調和。音楽に限界などないと証明しているようです。

彼らは、ツアーで世界中を回っています。10月には香港で演奏する予定。日本にも来て欲しいな!

Reference: Between Music
Top image: © Jens Peter Engedal
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
デンマークのレインウェアブランド〈RAINS(レインズ)〉の「Backpack O.S」は、見ての通りミニマルなバッグ。だけど、容量は14.3リットルと結...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
デンマークには、大人が教養を学ぶ「フォルケホイスコーレ」という学校があります。と言っても試験はなく、17〜18歳以上なら誰でも学べて全寮制。期間は数ヶ月間...
煮ても焼いてもおいしいフルーツのひとつに「リンゴ」があります。ただ、ひと口にリンゴと言っても、その種類はさまざま。収穫の始まる9月ごろからが旬といわれます...
始まりは1944年。セーレン・ポールセンさんは20年間海外で生活をしたあと、故郷デンマークに帰ってきました。クライトロプ湖付近にある実家は酪農を営んでいる...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
そのビジュアルは、どこからどう見てもハンドバッグ。しかし、にわかには信じがたいですが、実は「スピーカー」だというのです!女性のみなさん、これってアリですか...
コペンハーゲンに次ぐデンマーク第二の都市オーフス。風光明媚な海岸線が続くこの街で、今年、彫刻作品を展示するアートイベント「Sculpture by the...
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...