軍用トラックが「モバイルサウナ」になる時代

自動運転や電気自動車といったクルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるようです。

近年の顕著な例としてはモビリティ化する「モバイルサウナ」。

フィンランドではクルマ一体型も当然のように集まる移動式サウナのフェスが開催。日本でも、軽トラックの荷台に小型サウナを乗せたものやサウナワゴンなども登場しています。

そして、北欧デンマークのモバイルサウナ「Butcher's Heat」は、移動できる上に巨大化。軍用トラックを改造しています。車両のサイズが、大人数で楽しむことを可能にし、堅牢なボディは高熱を楽しむサウナの利用でも安心感あり。

拠点をコペンハーゲンの港にしていて、利用の際は、周辺の海辺を走り、客は「せーの!」で水風呂の代わりに北欧の海へダイブ。想像しただけで、キリッと身体を冷やしてくれて気持ちよさそう。

利用の際は、WEBサイトで予約するだけ。イベントのために貸し切りだって可能です。

固定された場所でしか楽しめなかったアクティビティが、次々とサイズやクオリティをあげてモビリティ化されていく様子。先進テクノロジーに頼るのとは違う今っぽい広がりです。

Top image: © iStock.com/qwerty01
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
おなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点を聞いた。
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
9月29日、サウナーの聖地と呼ばれる「サウナしきじ」からオフィシャルブックが発売された。
サウナー専門ブランドを運営する「TTNE株式会社」が、全国5000以上ともいわれるサウナ施設の中から、いま行くべき全国のサウナ上位11施設「SAUNACH...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。