まるで自分の生命を捧げる儀式。

やりたいことをやりたいように学ばせる。

日本の知識を詰め込むような教育ではなく、北欧の自由な教育は、創造性を育みやすいと言われています。

だからなのかもしれません、水槽の中で演奏をするという、突拍子もないアイデアが生まれたのは──。

「生命」を感じる演奏

「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。

アートディレクターを務めるLaila Skovmandさんは、約10年前にこれを閃いてから、たくさんの努力を積み重ねてきました。

例えば、楽器。水の中でも音が響くように、科学者たちの助言を得ながら、改良をしてきたようです。それに並行して、5人で組まれるオーケストラのパフォーマンスの向上。実際に演奏をしている様子を見ると、水に浸かりながらも、カッと目を見開いていることが分かるでしょう。

息を吐くタイミングまでも計算し尽くされているようなパフォーマンス。

その独自性がゆえに知名度も上がり、デンマークをはじめとしたヨーロッパの国々で公演をしているそうです。

Robert Karlsson. Photo by Jens Peter Engedal
Laila Skovmand. Photo by Per Victor

水の中という死を意識する場所だからこそ、「Between Music」による演奏は、強い生命力を感じられるのかもしれません。

Top Photo by Charlotta de Miranda
Licensed material used with permission by Between Music
他の記事を見る
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
岩が作り出す大迫力な絶景で有名な、世界遺産グランドキャニオン。まるで命あるかのように激しく移りゆく空を撮影した映像をご紹介。
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
これは、デンマークの自転車ブランド『Biomega』が、2021年から2023年ごろにリリースすると発表したEVコンセプトカー『SIN』です。
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
デンマークには、大人が教養を学ぶ「フォルケホイスコーレ」という学校があります。と言っても試験はなく、17〜18歳以上なら誰でも学べて全寮制。期間は数ヶ月間...
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
キャッシュより電子マネーのほうが早いし便利!スーパーでの買い物で毎日使ってるよという人も多いかもしれませんが、北欧ではその利便性をもう一歩先に進めようとし...
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
身体や心に溜まった毒を排出でき、その人に必要な「ビジョン」を見せてくれる。アヤワスカは地球上でもっとも強力なスピリチュアルドリンクだろう。
そのビジュアルは、どこからどう見てもハンドバッグ。しかし、にわかには信じがたいですが、実は「スピーカー」だというのです!女性のみなさん、これってアリですか...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
夜8時。昼間に案内された儀式をとり行う円形の小屋へ、電気など何もない真っ暗のジャングルを懐中電灯だけを頼りに向かった。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.54