まるで自分の生命を捧げる儀式。

やりたいことをやりたいように学ばせる。

日本の知識を詰め込むような教育ではなく、北欧の自由な教育は、創造性を育みやすいと言われています。

だからなのかもしれません、水槽の中で演奏をするという、突拍子もないアイデアが生まれたのは──。

「生命」を感じる演奏

「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。

アートディレクターを務めるLaila Skovmandさんは、約10年前にこれを閃いてから、たくさんの努力を積み重ねてきました。

例えば、楽器。水の中でも音が響くように、科学者たちの助言を得ながら、改良をしてきたようです。それに並行して、5人で組まれるオーケストラのパフォーマンスの向上。実際に演奏をしている様子を見ると、水に浸かりながらも、カッと目を見開いていることが分かるでしょう。

息を吐くタイミングまでも計算し尽くされているようなパフォーマンス。

その独自性がゆえに知名度も上がり、デンマークをはじめとしたヨーロッパの国々で公演をしているそうです。

Robert Karlsson. Photo by Jens Peter Engedal
Laila Skovmand. Photo by Per Victor

水の中という死を意識する場所だからこそ、「Between Music」による演奏は、強い生命力を感じられるのかもしれません。

Top Photo by Charlotta de Miranda
Licensed material used with permission by Between Music
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
デザイン大国デンマークのアーティストにより生まれ変わる日本の信楽焼。陶芸家ラース・ランクの「グリーンモス」シリーズが、逆輸入されて日本展開をスタートします。
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。