最高の食事を求めて走るウルトラマラソンに参加してみたい!

42.195km以上を走るってだけでもキツいけど、「Útilív Adventure Festival」が開催するウルトラマラソンはトレイルランの要素も追加されています。高低差が650mもあるコースを65kmもひたすら走り続けます。場所はヴァイキングが住んでいたと言われるデンマークのフェロー諸島。

とにかく超ハード。それでもちょっと参加してみたいと思ってしまうのは、チェックポイントにミシュランガイドに登録されているレストランがあるからなんです。汗を流した後に食べる料理は格別。それが世界に認められた味ならなおさらでしょう。

ちなみにゴール後にはボートパーティーも開催されるそう。こんな楽しみがあるならウルトラマラソンも走り抜けそう……いや、しんどいか。

Top image: © Andre Gie/Shutterstock.com

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」で世界の“今”を知ろう!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
雨の日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
長距離マラソンがきっかけで知り合った、ネイビーシールズ隊員を口説き落とし、1ヶ月間の共同生活を体験したJesse Itzler氏が「Big Think」に...
アメリカを代表するトップアスリートの食事を覗いてみたら…。
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。