今年50周年!
ふたつの大海沿いを走る
南アフリカのマラソン

東京、ニューヨーク、ロンドン、ベルリンなどの大都市では、マラソン大会が行われるのが通例。今挙げた大会は、認知度が高いものばかり。でも、世界各地にはもっと知ってほしい大会がたくさん!

そのひとつが、「Two Oceans Marathon」。南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるもので、今年50周年を迎えます。

コースは崖や海沿いを走ることも。走っていると大西洋とインド洋の両方を眺めることができ、イルカがジャンプする姿も見られるとか。アフリカ大陸の南端に位置するロケーションだから実現するんですね。

このマラソン大会。子どもを対象にした全長56mのNappy Dash(おむつ ダッシュ)などなど、ユニークなレースもあります。ちなみに最長のレースは42.195kmではなく、ウルトラマラソンと呼ばれる56kmという点も特筆すべきポイント。景色を楽しむのにフルマラソンじゃ物足りな〜いという猛者は参加の検討をどうぞ。

今年は、現地時間の4月20日開催です。ライブストリーミングも準備されているようなので、WEBサイトで雰囲気を確認してみてもいいかも。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Wi-Fiを完備しているバスや電車との差は大してありません。最新テクノロジーを採用した車体でもありません。だけど、ここで紹介する「NOVA」の存在は“変わ...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
南アフリカ共和国のケンタッキーフライドチキン(KFC)の公式ツイッターアカウント。ここが、自社に関係するある話に「フェイクです」と一蹴した出来事がありまし...
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
世紀に1度の干ばつを経験した南アフリカで、サボテンを売ることで売り上げを伸ばしたお花屋さんの紹介です。
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...