父の無念。空のベビーカーを押しながらマラソン完走。

オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。

あなたがレースの参加者だとして、この光景を目の当たりにしたら、どんな反応をするでしょう。

そのままそっとしておく。なんで空のベビーカーを押しているのか、理由を聞く。頑張れと励ます…。人によって、対応は異なるでしょう。Troyさんは、走っている途中に多くの人からかけられた言葉について、考えたことを教えてくれました。

息子の死を知ってもらうために
押し続けるベビーカー

まずは、Troyさんの事情についてから。

彼とパートナーは、やっとの思いで新しい生命を授かりました。お腹の中で元気に動くT.G.が少しおとなしくなったのは、27週目をすぎたあたり。きっと休憩しているだけで、また力強くお腹を蹴ってくれるだろうと、2人で話しながら妊婦健診に行ったそうです。そして、医師から告げられたのは、現実として受け止めるにはあまりにも残酷なものでした。

彼の心臓は止まっている。

希望が絶望に変わったのは一瞬。それまで死産のことなど頭に浮かぶこともなかった、とTroyさんは振り返ります。死亡届を出したのち、T.G.を出産するために、また病院に向かいました。

「彼が息をしていないと知りながらもする出産。お腹の中から出てきたときのために用意した洋服は使えない。ベビーカーも空のまま。それでも、T.G.はとても美しかった」

この大きな悲しみを払拭するためにTroyさんがとった行動は、“スポーツ”でした。彼の死後、トライアスロンやマラソン大会に出場したようです。そして、「T.G.のことと、死産について知ってもらおう」という想いから、彼は空のベビーカーを押して走ることを決意しました。

労いの言葉をかける人と
心ないジョークを放つ人

そして、大会当日。やはり、多くの人の目を引いたようで、Troyさんにはたくさんの労いの言葉と「赤ちゃんを亡くしたのかい?」という質問がされたそう。彼はこれに対しての想いを明かしてくれました。

T.G.について、質問をされるたびに『ああ、本当に彼はいないんだな』と実感した。同じ人から同じことを聞かれると、少しイライラしたのも事実。

だけど、疑問に思った人に自分の子どもについて知ってもらえたのは良かった。会場のアナウンサーが僕とT.G.のことを話してくれた時には、とても嬉しかったしね。

だけど、『ベビーカーに乗せてよ』という類の言葉は気をつけてほしいと思う」

「最後の最後に赤ちゃんと一緒にゴールをする気かい?」や「疲れたからベビーカーに乗せてよ?」という心ない言葉をかける人もいたそう。

Troyさんは、ジョークのつもりだったのだろうと寛容な心を見せていますが、あなたが発言する内容だって、ときに人を傷つけてしまう可能性もある。そのことを認識しておく必要があるんじゃないでしょうか。

Licensed material used with permission by Troy Austin

関連する記事

ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
9月2日、「ボッシュ」が発表した「eStroller」という“電動スマートベビーカー”が話題を集めている。スマホと連携することで、より安全に、より便利にな...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
世界で最も小さく折りたためるベビーカーとして、ギネス(2015年11月現在)に認定されている「Pockit Storller」。ほんの一瞬で、カバンの中に...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
モデルやMCとして活躍する佐藤研二さんがオススメする、旅にもデイリーユースにも活躍するベビーカーです。
ベビーカーには大きく分けて2種類が存在するのですが、この違いをよく知らずにいたのが2児の父であるこの私。オフロードバギーのような重厚感に一目惚れして手に入...
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
ユニークなデザイン、卓越した安全性、革新的な機能性が欧米で高く評価されているドイツのベビー用品ブランド「CYBEX(サイベックス)」の日本初のフラッグシッ...
マラソンの世界記録を二度も塗り替えた「ニューバランス」のレースシューズ「RC205」が「BEAMS」の別注モデルとして登場。クッション性と耐久性を両立した...
安全性を重視してつくられている「ベビーカー」は、子どもが成長するにつれて、少しずつ「お荷物」になってくるものです。行動範囲が限られたり、窮屈だったり…。そ...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
現在「外出禁止令」が施行されているフランス。“適度な運動”は認められているというが、自宅でフルマラソンを完走した人が話題となっている。
「MUSIC AID RUN in TOKYO」はマラソン大会のエイドステーションで水分を補給するように、街中で音楽を補給するニューノーマルなイベント。
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。有名和菓子ですが、「とらや...
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
Bill Sycalikさんは、健康に気を配ろうとランニングを始めた人のひとり。マラソンに出場しようとトレーニングを重ねていたら、彼はいつしかランニングの...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
東京オリンピックを「アフリカ」から狙うプロランナー・神野大地選手が、新しい取り組みに挑戦。自身がプロデュースした、オリジナルのスポーツネックレスブランド「...
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
大阪府大東市に北欧スタイルのファミリーレストラン「ケイットルオカラ」がオープン!