育児パパがスーパーの駐車場で出会った「差別」。

カナダに暮らすJustin Simardさんが、スーパー「Sobeys」の駐車場で思わぬ男女差別と出会った。それは、子どもと一緒のママ専用駐車スペース。

小さな我が子を抱っこしながら、彼はこう疑問に思う。

これってパパへの差別だけではなく、まるで子育てが女性だけの仕事と言っているようなものじゃないか…。

子育ての「性差別」を訴える

赤ちゃんと一緒でも、ボクは駐車しちゃいけないの?

Twitterを通してSobeysにこの疑問をぶつけたJustin。すると、「もちろん、保護者ならどなたでも利用可能なので、すぐに看板を更新しますね」と返答が。

数日後、妊婦と小さなお子様を連れたお客様専用駐車場という表記に変わったのだ。これには、多くの人々が歓喜することに。

子を愛する様々な保護者たち

まだまだ、子育ては母親の仕事という考えが根付いている。けれど、シングルだったり、同性愛者だったり、様々な保護者がいる。子育てにジェンダーは関係ない。誰もが、子どもを育てる権利があるんだから。

疑問に思ってもそのまま放置するのではなく、おかしいと思った気持ちを素直に発言したパパと、その言葉をすぐに受け入れたスーパー。どちらも、自分たちはもちろん、世の中で子どもを育てる全ての人を思っての行動なのだ。

Licensed material used with permission by @JustinSimard
andmore
他の記事を見る
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
モデルやMCとして活躍する佐藤研二さんがオススメする、旅にもデイリーユースにも活躍するベビーカーです。
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
「The Dad Hoodie」は、名前が示すとおり子育てを頑張るパパ向けにつくられました。哺乳瓶やおむつ専用のポケットとおしゃぶりなどの小物が入るポケッ...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
彼らが決行したのは<国内生産量の危機>を、伝えたかったからではないのです。人種差別をしたり、多様性が受け入れられない社会は貧しい、ということを国内シェア率...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
ドバイの海に浮かぶ「Carrefour Bites and More by the Shore」は、海上スーパーマーケットです。食品や飲料水など300種類...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるか...
tempra cycleオーナー小林健太さんの育児グッズ。ストリート世代パパ特有の遊びゴコロを感じます!
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
まだ食べられるのに、消費期限が近いことを理由に大量に捨てられてしまう食品。商品の在庫や消費期限を追跡して、それに合わせた価格設定や入荷予測を自動で行う新し...
渋滞を乗りこえ、やっと目的地に到着!と思ったら、駐車場の空きがない。もう着いてるのにイライラ。実は今、そんな私たちのためにパーキングの全てを引き受けてくれ...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...