育児パパがスーパーの駐車場で出会った「差別」。

カナダに暮らすJustin Simardさんが、スーパー「Sobeys」の駐車場で思わぬ男女差別と出会った。それは、子どもと一緒のママ専用駐車スペース。

小さな我が子を抱っこしながら、彼はこう疑問に思う。

これってパパへの差別だけではなく、まるで子育てが女性だけの仕事と言っているようなものじゃないか…。

子育ての「性差別」を訴える

赤ちゃんと一緒でも、ボクは駐車しちゃいけないの?

Twitterを通してSobeysにこの疑問をぶつけたJustin。すると、「もちろん、保護者ならどなたでも利用可能なので、すぐに看板を更新しますね」と返答が。

数日後、妊婦と小さなお子様を連れたお客様専用駐車場という表記に変わったのだ。これには、多くの人々が歓喜することに。

子を愛する様々な保護者たち

まだまだ、子育ては母親の仕事という考えが根付いている。けれど、シングルだったり、同性愛者だったり、様々な保護者がいる。子育てにジェンダーは関係ない。誰もが、子どもを育てる権利があるんだから。

疑問に思ってもそのまま放置するのではなく、おかしいと思った気持ちを素直に発言したパパと、その言葉をすぐに受け入れたスーパー。どちらも、自分たちはもちろん、世の中で子どもを育てる全ての人を思っての行動なのだ。

Licensed material used with permission by @JustinSimard
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...