東京とパリを行き来する佐藤研二。「機動性」を軸にベビーカーをセレクト

人にもモノにもストーリーがある。逆に言えば、ストーリーがないモノに僕らは惹かれない。そんなストリート世代特有の価値基準は、パパになっても健在。
どんな時代でも軽やかに柔軟にマイウェイを貫いてきたストリート世代パパたちが選ぶ、男ゴコロをくすぐる家事・育児グッズを紹介します。

題して「DADTOOLS」。

実用性とうんちくのハイブリッド。ママも必見、スタイルのあるパパたちのモノ選び。第1弾は佐藤研二さん。

©2019 BLAST13DEDICATION

モデル、MCとして活躍する傍ら、海外のクリエイティブチームと連携する制作プロデューサーとしての顔も持つケニーさん。フランス人の父と日本人の母の間で、双方の文化を吸収しながら育ち、フランス語、英語、日本語が堪能という生粋のマルチリンガル。

じつは、デイリーユース向き
モビリティの高い一台

©2019 BLAST13DEDICATION

ケニーさん愛用の育児グッズが「YOYO+6+」。フランスのパパ5人組が開発したベビーカーです。折りたためば機内持ち込み可能というコンパクトさが最大の魅力。

「とにかく持ち運びがラク。電車やバスで移動するときもたたんで肩がけできるし、子どもを抱っこしてても片手でパッと開けますからね」。

旅行時などのサブ利用として購入したはずが、いつの間にかメインカーに。優れた操作性や小回りが効くモビリティの高さは、旅行に限らず実はデイリーユースでこそ発揮されると、ケニーさん。家族でパリに帰郷する際も、毎度大活躍だそう。

「パリも人が多く、道が狭いですからね。それに東京と違って地下鉄の駅にエスカレーターが設置されていなかったりする。コンパクト性はむしろ東京よりもパリの方が重宝します」。

使い勝手の良さだけでなく、デザインもお眼鏡に適ったYOYO+。機能的でありながら無駄のないシンプルさは、フランス人にも日本人にも共感する美意識だとケニーさん。

子どものキモチに合わせて
形を変えるベビーカー

そんなケニーさんは、娘が2歳の頃からママ抜きの“二人旅”を楽しんでいるそうです。

「海外のパパのブログ記事をヒントにやってみようと思ったんです。娘が生まれたばかりの頃は、なんだかんだで育児はママに任せっきりになっちゃっていました。彼女にも少し羽を伸ばしてもらいたかったので」。

やるなら今しかない。そう決心して二泊三日の奄美大島。事前に決めていたのはホテルだけ。あとはすべてノープラン。娘のやりたいことにとことん付き合う。ルールはそれだけ。

けれど2歳と言えば、まだ長時間歩くのはツラい年頃。そこも娘のキモチに任せたケニーさん。歩きたいときに歩き、疲れたらベビーカーに座る。肩がけもできるYOYO+の特性も二人旅で発揮されたようですよ。

「僕も楽しかったし、娘にとっても毎年の恒例行事に。なにより妻が喜んでくれる。一石三鳥ですよ」。

©2019 BLAST13DEDICATION

BABYZEN YOYO+ 6+ 6万5000(税抜)

フランス生まれの軽量三つ折りベビーカー。IATA(国際航空運送協会)基準を満たし、機内持ち込みも可能。カラーはホワイトフレーム、ブラックフレームそれぞれ6色展開。

Top image: © 2019 BLAST13DEDICATION
他の記事を見る
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ハンガーラック「Ugao」は、シンプルな見た目ですが放置されがちな空きスペースを有効活用できます。「インテリアの一部に」といえるほどではないけれど、それな...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
なぜ人間は泳ぐのか?ーー。そんな疑問から導かれた映像作品が発表されました。コンセプトは「WATER BABY」。国際的なスイムウエアメーカーでもあるSPE...
パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通りに暮らす住民が苦情を申し立てています。
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
電気も火も要らないエスプレッソマシン「ナノプレッソ」の紹介です。
ファラーズのトフィー&ファッジは、1840年に生まれた歴史のある味で、甘みと独特な風味が特徴。エリザベス女王にも長年親しまれていたというお菓子です。
「VSSL フラスク2.0」は、お酒などのドリンクを入れられるボトルでありながら、懐中電灯としても使えます。
NSX。エンジンをスタートした瞬間に“音”で存在感を表すのがスポーツカーですが、NSXは他と比べて静寂の一言。スーパースポーツの姿でも、静かな様子はスマー...
バターと小麦の風味が強く、カリカリした食感で止まらなくなるバタークリスプ。気軽なプレゼントにピッタリだけど、しっかりと歴史がある、ベルギー王室御用達のお菓子。
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
1826年創業と歴史が古く、ヨーロッパ各地の王室や貴族御用達と認められた、イタリア・トリノで最初のチョコレート会社カファレル。こだわりのある素材、製法、ホ...
ストリート世代パパたちが選ぶ、男ゴコロをくすぐる家事・育児グッズ。セレクターはスケーターでデザイナーでもあるアレキサンダー・リー・チャンさん。
ストリート世代パパたちが選ぶ、男ゴコロをくすぐる家事・育児グッズ。セレクターはtempra cycleオーナー小林健太さん。
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
ストリート世代パパたちが選ぶ、男ゴコロをくすぐる家事・育児グッズ。セレクターはtempra cycleオーナー小林健太さん。
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
安全性を重視してつくられている「ベビーカー」は、子どもが成長するにつれて、少しずつ「お荷物」になってくるものです。行動範囲が限られたり、窮屈だったり…。そ...
ベビーカーには大きく分けて2種類が存在するのですが、この違いをよく知らずにいたのが2児の父であるこの私。オフロードバギーのような重厚感に一目惚れして手に入...
世界で最も小さく折りたためるベビーカーとして、ギネス(2015年11月現在)に認定されている「Pockit Storller」。ほんの一瞬で、カバンの中に...
12月20日をもっての閉店を発表し、衝撃を与えたパリのセレクトショップ「colette」。9月には「sacai」が1ヶ月限定で出店したことも記憶に新しいで...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
ママ向けの育児用品はたくさんありますが、パパがより育児に参加しやすくなるような「男性向け育児用品」はほとんどありません。そこで、ファッション業界のスペシャ...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...