男目線でアガる!小林健太が手がけたミリタリー調の抱っこ紐(本人も愛用)

人にもモノにもストーリーがある。逆に言えば、ストーリーがないモノに僕らは惹かれない。
そんなストリート世代特有の価値基準はパパになっても健在。どんな時代でも軽やかに柔軟にマイウェイを貫いてきた、ストリート世代パパたちが選ぶ、男ゴコロをくすぐる家事・育児グッズを紹介します。

題して「DADTOOLS」。

実用性とうんちくのハイブリッド。ママも必見、スタイルのあるパパたちのモノ選び。第2弾はサイクルショップオーナー小林健太さん。

©2019 BLAST13DEDICATION

東京バイクカルチャーの震源地のひとつとして、多くのファンが集うtempra cycle。小林健太さんは、幼少の頃からバイクやカスタムにハマる根っからのカスタムホリックだったそう。

子どもの誕生をきっかけに自転車だけでなく、子ども用グッズの製作にも注力。ギア好きパパたちを虜にする育児グッズがずらりと並ぶ店内は、まるでセレクトショップのようです。

米軍規格の部材を用いた
カスタムを楽しむ抱っこ紐 

©2019 BLAST13DEDICATION
©2019 BLAST13DEDICATION

そのひとつ、「BABY ARMOR」が小林さん推奨の育児グッズ。軍用の防弾ベストに着想を得てつくりあげた前代未聞の抱っこ紐です。

見た目のインパクトもさることながら、米軍規格の小物をアタッチできるだけでなく、生地、テープ、バックルなどの部材もすべてミルスペック規格(米軍装備品の耐久性能に関する規格)に準じたものを用いるこだわりよう。

堅牢でゴツいイメージとは裏腹に、赤ちゃんの肌が触れる内側はノンホルマリン加工のコットンを採用。製造もすべて国内の工場に受注して仕上げています。抱っこ紐としての実用性をしっかり伴いながら、徹底したこだわりと遊びの要素が詰まった、これぞ男ゴコロをくすぐるアイテム。

誰かと一緒じゃつまらない
ストリート世代パパたちへ

自転車にも通ずることですが、安全性の追求だけを考えればどうしたって大手メーカーには敵わない。けれどユーザーからすれば、そこを追求しすぎるあまりどれも画一的に思えてしまうのも事実。

「他と一緒だとつまらないし、愛着もわかないですからね」。

生地は信頼のメイド・イン・USA、製造は顔の見える国内の工場で。一定の安全性や安心感は担保しつつ、身につけることで気分がアガる。使うことが喜びに変わるギアづくりこそが小林さんのモットー。

「だからこそ、プライスレンジも少し我慢すれば手が届くくらいのところを狙っています。少しでもいいスニーカーを買うために昼メシ我慢する、みたいなノリをいまだに大切にしています(笑)」。

BABY ARMORで出かければ「それ、どこのですか?」と、先々でパパたちに声をかけられるというのも納得です。

©2019 BLAST13DEDICATION

BABY ARMOR 2万4800円(税抜)

素材にはナイロンの7倍の強度を備えたコーデュラナイロンを使用。6色展開。首が完全に座った乳児から体重12kgまでの幼児に適応。詳しくは公式サイトでチェック。

Top image: © 2019 BLAST13DEDICATION
他の記事を見る
ハンガーラック「Ugao」は、シンプルな見た目ですが放置されがちな空きスペースを有効活用できます。「インテリアの一部に」といえるほどではないけれど、それな...
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
ファラーズのトフィー&ファッジは、1840年に生まれた歴史のある味で、甘みと独特な風味が特徴。エリザベス女王にも長年親しまれていたというお菓子です。
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
「ROSTER SOX」の靴下です。色で遊べ!#8
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
Urban Outfittersが販売しているハロウィンコスチュームの1つには、皮肉がたっぷりと込められています。
Simone Crestaniさんが創る「ガラス盆栽」は、吹きガラスという製法を用いられ、優美な雰囲気を醸しています。ピンクに色づけされたものは、今の時期...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
3月14日、オーストラリアのニンビンという村で、2人の男性が口論をした末に片方が矢を放ちました。そして、被害者にあたる男性の命を救ったのはスマホ。
バターと小麦の風味が強く、カリカリした食感で止まらなくなるバタークリスプ。気軽なプレゼントにピッタリだけど、しっかりと歴史がある、ベルギー王室御用達のお菓子。
なぜ人間は泳ぐのか?ーー。そんな疑問から導かれた映像作品が発表されました。コンセプトは「WATER BABY」。国際的なスイムウエアメーカーでもあるSPE...
「Lagimusim」の巾着です。色で遊べ!#12
ストリート世代パパたちが選ぶ、男ゴコロをくすぐる家事・育児グッズ。セレクターはtempra cycleオーナー小林健太さん。
ストリート世代パパたちが選ぶ、男ゴコロをくすぐる家事・育児グッズ。セレクターはスケーターでデザイナーでもあるアレキサンダー・リー・チャンさん。
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
ストリート世代パパたちが選ぶ、男ゴコロをくすぐる家事・育児グッズ。セレクターはモデルやMCとして活躍する佐藤“ケニー”研二さん。
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
長時間のお出かけでは、抱っこもおんぶも一苦労…。世の父親たちにはきっと、そんな経験があるのでは?しかし、アメリカ発の便利で楽しい子育てアイテム「ピギーバッ...
ママ向けの育児用品はたくさんありますが、パパがより育児に参加しやすくなるような「男性向け育児用品」はほとんどありません。そこで、ファッション業界のスペシャ...
チェコのアウトドアブランド「Tilak」のトラベルライン「Poutnik(ポートニック)」。その「KNIGHT Pants」の紹介です。
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
「ICU Grandpa」、ICUのおじいちゃんと呼ばれているDavidさんは、今年でICUに勤めて12年目のベテラン。家族と一緒にいられない赤ちゃんのケ...
〈nonnative(ノンネイティブ)〉と〈Timberland(ティンバーランド)〉のコラボレーションから生まれた「SUPER 6 INCH GORE-...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
〈TERRA〉というブランドの「Hola」というモデル。真鍮のパーツとポリエステルの蝋引き糸による編み紐、柔らかいラクダ革のアジャスターと素材使いがとても...
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...
アウトドアでは、タクティカルナイフ(軍用モデル)を愛用。〈EMERSON(エマーソン)〉というブランドのものです。アウトドアには不必要なギミックもあります...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
装飾的な文字がプリントされたモノって、インダストリアルな雰囲気やミリタリーの気分がプラスされるので大好物です。このスニーカーもそう。
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...