【求人】ウォンバットを抱っこする責任者の仕事(AUS)

丸っこくてかわいいオーストラリアの動物「ウォンバット」。このたび同国では、そんな彼らを抱っこする責任者を募っているようです。

どんな動物かわからない?では、動画で見てみましょう。再生後1秒もかからずに、その愛らしさにノックアウトされるはず!

「ウォンバット」って?

かわいい!胸が高鳴りませんか?ちなみに、上の動画はウォンバットの赤ちゃん。でも、大きくなってもこのずんぐりむっくりとしたフォルムは変わりません。

とても人懐っこいことで知られており、一度抱きしめたらピッタリとその身を寄せて離れなかったりも…。動物好きにはたまらない、最高のお仕事でしょうね。

この度の求人募集は、タスマニア州政府観光局「Tourism Tasmania」がPRを兼ねて行なったもの。当選者は、フリンダース・アイランドまでの航空券や宿泊券など、計3,550ドル(約29万円)相当の旅行体験が贈呈され、6月末ごろからウォンバットを抱っこしたり、様々な体験ができるとのこと。募集期間は2016年4月16日までとなっています。

応募にあたって、“なぜ、私がウォンバット抱っこ責任者に最も向いているのか?”を25ワード以内でのアピールが必要。投稿フォームに書き込むだけでOKです。残念ながら、応募資格は18歳以上のオーストラリア在住者に限られていますが、魅力的ですよね♪

その他詳細はコチラから確認してみてね!

2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
その名も「The Break Room」。2016年4月、メルボルンにオープン予定のこの部屋は、安全にモノを破壊するために用意された場所だ。一体、なんのた...
リビングで猫とまったりしているときがいちばん幸せ。道で見知らぬ猫が寄ってくるなど、好かれやすい体質である。寝るときは羊の代わりに子猫をカウントする。そんな...
2015年5月に故郷であるタスマニア州のホバートから旅立ったRich East。愛猫のWillowと共に一生を旅して過ごすために、仕事を辞めて家を売り、所...
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
だから、彼女たちは「可愛い」のか。
静かな湖にポツンと佇む一軒の建物。ここは、オーストラリア・タスマニア州の中心部。世界遺産「タスマニア原生林」で有名なエリアにある「セント・クレア湖」を写し...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
独断と偏見でピックアップしました。
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
「Rudolph's Rage Room」と呼ばれる部屋は、18ポンド(約2,700円)を払えば4分間、野球のバットでクリスマスツリーを思い切り殴りつける...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
茹でてクタクタになった素麺が激変!
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
会社の上司に求める条件で「人格者である」ことを挙げる人も多いのではないでしょうか。組織のリーダーになる人は、仕事の資質の他にも心を磨かなければ部下から信頼...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
Gordon Tredgoldさんが「Inc.」にて紹介するのは、お互いに気持ち良くそしてスムーズに説明責任を果たせるメンバーを育てる方法。指導者向けの内...
もしかしたら、一部のコアなファンにはお待ちかね。毎年話題のイケメン消防士カレンダーの2018年版が、早くも登場しました。オーストラリアで毎年発売されている...