虹色に輝く鳥「ミノバト」。日本の動物園でも見れる!

見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。

「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地として知られており、生物学的に見て絶滅したドードーに最も近いと言われているハト科の鳥。とはいえ、その姿形はまったく別物で、目が奪われるような虹色に輝く羽が特徴です。

 

福岡市動物園」に問い合わせたところ、3羽飼育されているとのこと。北園エリアのフラミンゴなどがいる近く、いろいろな鳥類が暮らしている大きなケージの中に入って見られるそうです。比較的人懐っこい性格なので、近づいても落ち着いているみたい。

小さな島に生息していることが多く天敵がいなかったこともあり、保護色に進化する必要がなかった…なんて見解も「My Modern Met」には書かれています。見てるだけで優雅な気持ちになれそうですね。機会があったら見に行ってみよう!

Licensed material used with permission by Steve wilson, 福岡市動物園
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。