コスタリカですべての「動物園閉鎖」!そのステキな理由

自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進行中のようです。「Higher Perspective」が、この取り組みを大々的に紹介しています。

150827_costaricazoo_01

コスタリカは、生物多様性を保つ目的から、国内にある2つの国立動物園を来春閉鎖することを決定しました。動物園で飼育されていた動物たちを野生へと返す、世界で初めての試みを計画中。
コスタリカは世界でも有数な生物多様生息地域に数えられ、地球上の全ての動物種の約5%が生息していると言われています。国がこれらの動物を保護することを義務づけているにもかかわらず、数十年に渡って運営を続けてきた2つの国立動物園ですが、ついに閉園。動物園側も今回の決定に賛同し、動物たちのケージを解放することに前向きのようです。

150827_costaricazoo_03

近年、この国ではスポーツや娯楽としての狩猟も禁止されています。さらに、動物園閉園の流れ。「動物たちを本来あるべき生息地へと戻すことができれば、むこう10年で世界中でも同じような行動が自然な流れとなっていくだろう」と、自然環境ソリューションに注目するメディア「TreeHugger」は予測しています。野生動物たちの生態系を尊重しながら保護していく世界の手本となるべく、コスタリカはこの計画実施に前向きな様子。

「国立動物園を閉園する代わりに、絶滅危惧植物たちを可能な限り自然な方法で生育する、植物公園を増設するなど、自然とのふれ合いの場を増やしていく予定です」

環境大臣のRené Castro氏は、それが救出目的、保護目的でない限り、一切の飼育をしないと決意を述べました。

costaricazoo150828-009

人間に飼育されてしまった動物たちは、直ぐには野生へと戻すことができません。そのため、まずは国営の動物保護センターや野生保護区で、第二の人生へと歩み出すための“ならし飼育”が行われているようです。今後、コスタリカで動物を見るのはすべて自然のなかで。新しい動物とのふれ合い方かもしれません。


Licensed material used with permission by Higher Perspective

関連する記事

ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
フロントタイヤを二輪にした「ゴールドトライアングル構造」によってバツグンの安定感を誇るニュータイプの電動キックボード型モーターサイクル「ilark」が「M...
フィンランドの塗料メーカー「Tikkurila」が「Endangered Colors collection」というペンキを発表。それぞれが絶滅危惧種に指...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
「AR動物と一緒なら、いつもの日常が動物園に」というコンセプトのもと、昨年リリースされた「AR(拡張現実)機能」に、さらに50種類の動物が新登場。この機能...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
世界遺産に登録されているスリランカの熱帯雨林「シンハラージャ自然保護区」をZoomでつないでの、オンラインバーチャルエコツアーが開催される。
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
コスタリカの首都サンホセにあるレストラン・カフェ「Saúl Bistro」の店内には、“都会のオアシス”が広がっています。が、これただのインテリアじゃない...
埼玉県の川口市で、動物性食材を使わないBBQを提供するサービスが開始。カラダとココロに優しい料理に加え、自然豊かな解放的なスペースで味わう「オーガニックな...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
高速道路で出産した人のドキュメンタリーを見たことがある人はいると思う。では「動物園で赤ちゃんを産んだ人」はどうだろう?先月、アメリカのネブラスカ州の動物園...
なんだかちょっと疲れたな、という人は、これから紹介する動物たちの動画を見て、ほっとひと息ついてみては。猫がドミノしたり、モルモットがポッキーゲームしたり、...
オーストラリアにいる動物たちを救うために、ニューヨークの街中にコアラのぬいぐるみが出現。コアラに付けられたタグのQRコードを読み込むことで、オーストラリア...
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...