動物園で生まれた、人間の赤ちゃん。まさかの記者会見!

高速道路で出産した人のドキュメンタリーを見たことがある人はいると思う。では「動物園で赤ちゃんを産んだ人」はどうだろう?

先月、アメリカのネブラスカ州の動物園で、激しいお腹の痛みに襲われた女性がいた。居合わせた旦那さんが緊急で助産師さんの代わりになった、というけど…。

準備していた2人も「まさか…」
周囲もお産をお手伝い

動物園にいたとき、急な陣痛に襲われた、Kymica Hubbardさん。その場を離れるため車へ向かおうとしていた道の途中、なんと園内で破水してしまったのだ。「頭が出ている」と慌てて旦那さんに状況を説明する奥さんだったが、すぐに状況を把握してもらえない。

そんな中、看護師だと名乗る女性が赤ちゃんをセーターで包むのを手伝ってくれたり、他の男性も奥さんを横に寝かせるときに手を貸してくれたということだ。 

実はこの夫婦、自宅でお産を経験しようと計画していた。普段から旦那さんに「あなたも立ち会うのよ」と伝えていたKymicaさんだったが、「まさか公然の場で赤ちゃんを産むとは思っていなかった…」と話している。

運ばれた先の病院で撮影された写真。

地元メディアも注目!
赤ちゃんと一緒に記者会見

動物園で起こった予期せぬ出来事の後、記者会見が開かれた。Kymicaさんは、旦那さん、そして赤ちゃんと出席。出産直後は世間の反応に気づいていなかったという彼女。知り合いから「記事を読んだよ」と言われて、初めて話題になっていることに気がついたというのだ。会見では、陣痛に襲われてから実際に産むまでのエピソードを、楽しそうに振り返った。

「私が『赤ちゃんの頭が!』と言ったの。そうしたら夫は『どうゆうこと?』ってなったんだけど、手で触って確認すると『なんてことだ!赤ちゃんが出てきてる』って驚いていたわ」

記者から「生まれたときのことを娘さんにどのように伝えるか?」と質問されると、満面の笑みでこう答えた。

「全てを話すだけさ。素晴らしいストーリーだからね」

「『あなたは動物園で生まれたのよ』と教えてあげるわ。きっと驚くだろうけど。周りも最初はこの話を信じなかったのよ」

SNSで続々と祝福が届く

メディアだけではなく、病院や動物園も、FacebookやInstagramを通じ、驚きと共にこの出来事を伝えた。さらに、彼女たちの写真や動画には、多くの人たちが祝福の言葉を送った。

「私、同じ日にここで働いていたわ。なんてクレイジーなの!おめでとう!! また来てね」

「この赤ちゃんに、一生使える無料パスをあげるべきだ」

「もし前日に起こっていたら、私も助けてあげられたのに!」

この赤ちゃんの名前を提案する人も現れるほどの盛り上がり。(会見内でDreaちゃんだと紹介されている)

最後に、旦那さんがこの記念すべき出来事を「男として見ることができる、もっとも美しいことだった。とても神聖な経験だったよ」と語っていたことが印象的だった。

思いがけない場所で、たくさんの愛情を受けて誕生したこの赤ちゃんが、一体どんな子に育っていくのか、今から楽しみだ。

Licensed material used with permission by Nebraska Medicine
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミ...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
意外にもチーターはシャイな動物。ライオンやハイエナと一緒に運動させようとしても、馴染めないことが多いのだそう。そこで、米オハイオ州の「コロンバス動物園&水...
フォトグラファーのAnna Pawletaが撮影するのは、出産直前から小さな命が誕生する感動の瞬間。今の自分が、幸せに暮らしていられるのは、お母さんが分娩...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
日々の子育てのドタバタから非日常の世界へ旅立つことで心もリフレッシュ。ちょっとした工夫が旅をグッと楽しく、そして気軽なものにしてくれました。経験から伝えた...
2017年4月25日、女性ライターErin Chackさんに待望の赤ちゃん(?)が生まれました。出産のまさにその瞬間をTwitterで投稿(のちにInst...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...
生まれつき耳が聞こえないCharlyちゃんは、ある日補聴器を付けて、初めて「音」や「声」を聞くことに。「こんにちわ」「愛しているわ」というお母さんの呼びか...
2015年6月7日、オーストラリア、ブリスベンの道路でコアラの親子が交通事故にあいました。すぐにオーストラリア動物園にある、ワイルドライフ動物病院に搬送さ...
ぴったりサイズのセーターを着ている子ヤギたち…。かわいいのですがなぜ服を?じつは彼ら、アメリカのメイン州というとても寒い地域に住んでいて、さらに生まれたば...
「ChatterBaby」は、アメリカのUCLAで研究しているブレーンたちの知識がいっぱい詰まった、赤ちゃんの泣き声を“翻訳”してくれるアプリだ。精度は約...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...