ミニマルな壁掛けは「野生動物保護」のメッセージだった

お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょうか。これは「ハンティング・トロフィー」呼ばれるもの。とくに欧米では昔からスポーツとして狩りをする習慣があるので、獲物の剥製を家に飾っていたわけです。日本に例えると、釣った魚の大きさを自慢するために魚拓を飾っているような感覚でしょうか?

しかし、楽しみのために動物を殺すのは残酷だ、という考え方や、商売目的の密猟によって野生動物が絶滅の危機に瀕したりする問題から、近年では本物の剥製の代わりに木製の作り物などを飾るようになってきています。

そんななか、あるアーティストの活動が注目されているのです。

ひと筆書きの動物たち

アーティストのアントニー・テステッドさんが作っているのは、一本の線を使った芸術的なハンティング・トロフィー。その代名詞とも言える鹿はもちろん、バッファロー、ライオン、ゾウ、さらにはクジラも作品にしています。

彼の作る動物たちは、平面ながらもとても立体的に見え、今にも動き出しそうなのが特徴のひとつ。

アントニーさんがスケッチしたデザインをもとに、ロンドンの「HU2デザイン」が木板を加工。装飾品に特化したブランドですが、環境に優しく再生可能な材料を使っているのだそう。

利益の10%を
野生動物の保護活動に寄付

また、アントニーさんとHU2は、イギリスの動物保護団体である「ボーンフリー財団」に、トロフィーの利益の10%を寄付しているそうです。

「2007年に環境保全団体WWFの会員になりました。しかし私は、もっと現場で活動している小さな団体を支援したいと考えるようになったのです。そしてHU2の助けを借りて、利益の10%を寄付することで、ボーンフリー財団を支援することにしました。これは野生動物と環境を保全するために役に立っていると思います。

野生動物たちは、私に一番インスピレーションを与えてくれる存在です。私の作品を通して、世界中に野生動物保護の精神が広まっていくことを望んでいます。

そして、いつの日か、自分自身で野生動物の保護活動もしたいと考えています」

「コレクション」の
意味を考えてみよう

アントニーさんのトロフィー・コレクションは、オンラインショップから購入することができます。値段は日本円にして約2〜4万円程度。

さらにここでは、ハンティング・トロフィーだけでなく彼のデザインがプリントされた食器などもあります。

「剥製」ではないコレクションのカタチ。そんなことをふと考えるきっかけになるではないでしょうか?

Licensed material used with permission by TES-TED Studio

関連する記事

米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
ファッションブランド「KoH T」より、サッと取り出しクシャッとしまう、身に付けるエコバッグ「Pebble」が登場。
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
10月27日、野生動物が時折みせるオモシロさと自然保護活動の大切さを広める写真コンテスト「Comedy Wildlife Photography Awar...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
「AR動物と一緒なら、いつもの日常が動物園に」というコンセプトのもと、昨年リリースされた「AR(拡張現実)機能」に、さらに50種類の動物が新登場。この機能...
オーストラリアにいる動物たちを救うために、ニューヨークの街中にコアラのぬいぐるみが出現。コアラに付けられたタグのQRコードを読み込むことで、オーストラリア...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
先日、インドネシアのスラウェシ島にて世界最古の動物アートが発見されたことが発表された。年代決定の専門家が絵の表面に残る方解石の分析をおこなったところ、その...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
なんだかちょっと疲れたな、という人は、これから紹介する動物たちの動画を見て、ほっとひと息ついてみては。猫がドミノしたり、モルモットがポッキーゲームしたり、...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...