動物のペーパーアートが、無言で訴えるメッセージ

緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。

これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、Patrick Cabralさんによるもの。一枚一枚切り抜いた紙を幾重にも重ね、ひとつのペーパーアートを作り上げている。

でも、話題になっている理由は、その美しさだけじゃない。これらのモデルとなっている動物たちには「共通点」があるのだ。

絶滅危惧種の保護を
ペーパーアートで支援

作品となっている動物たちは、すべて絶滅危惧種。上の画像はスペインオオヤマネコを切り抜いたものだ。他にもパンダやトラ、ゾウなど親しみ深い動物も登場する。

Patrickさんは「Endengered Species(絶滅危惧種)」と名付けた取り組みでこれらの作品を製作。その利益の50%を、生物多様性の保護などを目的とする「World Wide Fund for Nature (WWF)」の支援に充てているのだ。

地球上から消えうせようとしている動物たちの、吸い込まれそうなくらい精巧で美しい切り絵たち。まっすぐこちらを見つめてくる静謐な瞳は、私たちに何かを語りかけてくるようでもある。

ホッキョクグマ

パンダ

センザンコウ

トラ

アカオオカミ

ゾウ

サイ

ゴリラ

ミンドロスイギュウ

元々はタイポグラフィーをメインに行なっていたアーティストだそうが、メッセージ性溢れる切り絵にも今は多くの人が心を掴まれている。活動支援やその他の作品に興味のある人は、WEBサイトInstagramもどうぞ。

Licensed material used with permission by Patrick Cabral