動物のペーパーアートが、無言で訴えるメッセージ

緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。

これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、Patrick Cabralさんによるもの。一枚一枚切り抜いた紙を幾重にも重ね、ひとつのペーパーアートを作り上げている。

でも、話題になっている理由は、その美しさだけじゃない。これらのモデルとなっている動物たちには「共通点」があるのだ。

絶滅危惧種の保護を
ペーパーアートで支援

作品となっている動物たちは、すべて絶滅危惧種。上の画像はスペインオオヤマネコを切り抜いたものだ。他にもパンダやトラ、ゾウなど親しみ深い動物も登場する。

Patrickさんは「Endengered Species(絶滅危惧種)」と名付けた取り組みでこれらの作品を製作。その利益の50%を、生物多様性の保護などを目的とする「World Wide Fund for Nature (WWF)」の支援に充てているのだ。

地球上から消えうせようとしている動物たちの、吸い込まれそうなくらい精巧で美しい切り絵たち。まっすぐこちらを見つめてくる静謐な瞳は、私たちに何かを語りかけてくるようでもある。

ホッキョクグマ

パンダ

センザンコウ

トラ

アカオオカミ

ゾウ

サイ

ゴリラ

ミンドロスイギュウ

元々はタイポグラフィーをメインに行なっていたアーティストだそうが、メッセージ性溢れる切り絵にも今は多くの人が心を掴まれている。活動支援やその他の作品に興味のある人は、WEBサイトInstagramもどうぞ。

Licensed material used with permission by Patrick Cabral

関連する記事

街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
フィンランドの塗料メーカー「Tikkurila」が「Endangered Colors collection」というペンキを発表。それぞれが絶滅危惧種に指...
先日、インドネシアのスラウェシ島にて世界最古の動物アートが発見されたことが発表された。年代決定の専門家が絵の表面に残る方解石の分析をおこなったところ、その...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝える...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
オランダ・アムステルダムを拠点とするデザインスタジオ「VOUW」が考案した「Bloomlight」は、通行人に反応する不思議な街灯だ。通行人に向かって曲が...
サイやトラは、絶滅が危惧されている動物。しかしその状況下にあってもなお、密猟が行われ続けているという問題があります。その対策として作られたのが、なんと「バ...
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
Art&Almondsさん(アーティスト名)が描いた絵は、「動物は種類に関係なくどれも生き物である」という、ある意味当たり前のことを表現している。複雑にな...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
カナダのアルバータ州に住む夫婦のもとで暮らしているハンターくんは、幼い頃から新しいことに挑戦することがダイスキでした。約2年前、初めて絵を描いてみたところ...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
アライ(Ally)とは、“同調者、支持者、協力者”を示す英単語で「LGBTQ+当事者たちに共感し、寄り添いたいと思う人」を表す際にも使われている。近年では...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...