「新聞紙」で作られた、いまにも動き出しそうな動物たち

これらのオブジェは、すべて古新聞や古紙で作られている。そう言われても、にわかには信じがたいほど、立体的で重厚感のある動物たち。いま、日本人アーティストの作品に世界が注目しています。

こよりを積み上げ、
命を吹き込む

45f233c843ab27988fd9fce80700f0dc71c1b8c4

Gorilla’s mum, 2011, (C)Hitotsuyama Studio

独特の立体感を生み出しているのは、こよりを幾重にも積み上げていく独特な技法。しかも大きさは実物大スケールというから驚きです。

Cad385ce87615f026c006bdd1fbc1b029ffe9577

Tears of Walrus, 2012, installation view at MOAH:Cedar 2016 (USA), (C)Hitotsuyama Studio

作品の生みの親は、製紙産業の町として知られる静岡県富士市出身の一ツ山チエさん。こよりの集積によって生み出される線の美しさと表情豊かでユーモラスな描写が特徴。2011年の創作開始以降、活躍の場は徐々に拡大し、いまでは海外でも個展を開催するなど勢力的に活動を続けています。

D21c951454bd91184aba7b9abc820f947eddc262

Kami no komoriuta: baby chimpanzee, 2013, (C)Hitotsuyama Studio

きっかけは、
アフリカで出会ったサイ

B3753398887f74d41e9475343f109e5a917d591a

Cries and Songs from your heart are still heard today, 2011, (C)Hitotsuyama Studio

最初に作った作品は、こちらのサイ。2007年に訪れたザンビアの国立公園で出会った1頭がモデルになっています。現地ガイドから密猟に苦しめられているという説明を聞き、深く印象に残ったのがこの表情だそう。

E79c7b227ae7ed864f1d24259fa6fb7778bc2d1b

Kami no komoriuta: red wolf, 2013, (C)Hitotsuyama Studio

よく考えてみると、モデルの多くは、犬や猫などの身近な動物ではなく絶滅危惧種であることに気づきますね。

B52a53aaeaef2a55f153d79efa70cdd03128f165

A journey to the ocean: dugong, 2014, installation view at Funabashi Andersen Park Children’s Museum (Japan), (C)Hitotsuyama Studio

067762f3df9036e1ba76347d22e0d8fe7da331c6

A journey to the ocean: sea turtle, 2014, installation view at Funabashi Andersen Park Children’s Museum (Japan), (C)Hitotsuyama Studio

以下の動画には、作品のアップや制作の様子が収められています。その途方もない緻密さに、間違いなく驚かされるはず。

(C)Ayako Hoshino

Licensed material used with permission by HITOTSUYAMA .STUDIO, Ayako Hoshino
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
アメリカのライフハック紹介サイト「WonderHowTo」で発見した、簡単に包丁を研ぐ方法をご紹介。使用するのは古新聞、これだけ。覚えておいて損はしません...
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
これは最先端技術が集まるイベント「CES 2016」に展示された、LG社製の新型ディスプレイです。プロトタイプですが、その薄さは驚異的。新聞紙のように丸め...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
備えあれば憂いなし。サバイバルが必要なシチュエーションなんて、さずがに人生の中でも想像できないだろうけど、この方法、知っておくだけで、何かとアウトドアシー...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
Art&Almondsさん(アーティスト名)が描いた絵は、「動物は種類に関係なくどれも生き物である」という、ある意味当たり前のことを表現している。複雑にな...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...