【天才じゃないか!】小学生が考えた「新聞紙でつくる」即席スリッパ

小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」を考案しました。

小さな発明家に敬意をはらい、以下は手書きの設計図のままご紹介!

新聞紙で作る!
簡単スリッパ

スクリーンショット 2015-11-14 17.13.02

必要なのは新聞紙ガムテープだけ。ちなみに新聞紙だけでもOK。災害時に役立つ!まずは、「ガムテープありバージョン」から。

スクリーンショット 2015-11-14 17.12.41

①まず新聞紙を2枚用意します(何枚でも可)。
②新聞紙を半分に折って、自分の足を置きます。位置は、新聞紙を横にした中心くらいで、かかとの高さくらい内側。

※補足:見開き半分の新聞紙中心にかかとを置き、ちょうどかかと1つ分だけ端から開けるようです。

スクリーンショット 2015-11-14 17.12.32

③新聞紙のはじを立ち上げる。
④立ち上げた部分を写真のように足にそわせる。

スクリーンショット 2015-11-14 17.12.21

⑤片側を足に沿わせて折る。
⑥反対側も同じように折る。

スクリーンショット 2015-11-14 17.12.11

⑦あまった部分を下に折り込む。
⑧先のあまった部分も足にあわせて折る。

スクリーンショット 2015-11-14 17.12.04

⑨足を抜いて底をガムテで止める。
⑩完成!同じようにもう一足も作る。

今度は、ガムテープを使わない「新聞紙だけバージョン」です。

スクリーンショット 2015-11-14 17.11.53

①新聞紙を広げて縦に長く使います。片方のはしを補強のため、かかとのたかさくらいに1〜2回折ります。
②ガムテありバージョンのときと同じように足を置き、かかとにそわせて折りまげます。ここからは、ガムテありバージョンの③〜⑥までと同じです。

スクリーンショット 2015-11-14 17.11.39

③ガムテありの⑥まで折ると、上の写真のようになります。先ほどより先が長く残るはず。
④足のサイズに合わせてそこに折りかえします。

スクリーンショット 2015-11-14 17.11.29

⑤かかとに折りこみやすくするため、先を細くします。
⑥かかとの内側にあまった部分を折りこみ、完成です。

スクリーンショット 2015-11-14 17.11.14

みなさんも、ぜひ作ってみてください!

弟想いの発明家!
キッカケは、
ドラクエの装備品作り

スクリーンショット 2015-11-14 17.12.51

最後に、新聞紙スリッパを作ろうと思ったキッカケと、このスリッパの利点をご紹介。

実は、弟のためにテレビゲームの装備品を工夫して作っている間に、この新聞紙スリッパが誕生したんだそう。キッカケというより誕生秘話ですが、小学生らしく微笑ましいエピソードですよね。

彼が言うには、このスリッパの利点は大人から子供までサイズに合わせて製作できることだとか。

そして、ココが重要な彼のメッセージ。覚えておけば、災害時にガラスなどが散乱して危険な時(場所?)や、防寒にも役立つとのこと。これ、たしかにサバイバル用にもいいかもしれません!?

Licensed material used with permission by ばーばうはっと

アメリカのライフハック紹介サイト「WonderHowTo」で発見した、簡単に包丁を研ぐ方法をご紹介。使用するのは古新聞、これだけ。覚えておいて損はしません...
これは最先端技術が集まるイベント「CES 2016」に展示された、LG社製の新型ディスプレイです。プロトタイプですが、その薄さは驚異的。新聞紙のように丸め...
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
いま欲しいルームシューズ。第一回は「urself」です。
いま欲しいルームシューズ。第二回は「loomer」です。
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。この街で家族経営を営む「CP Slippers」は...
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
いま欲しいルームシューズ。第五回は「TO&FRO」です。
これらのオブジェは、すべて古新聞や古紙で作られている。そう言われても、にわかには信じがたいほど、立体的で重厚感のある動物たち。いま、日本人アーティストの作...
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...
ハンバーガーチェーン「バーガーキング」と不動産賃貸仲介サービス「エイブル」が、まさかの異色コラボを実現!
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
おうち時間の増加にあわせて、いま欲しいルームシューズ(スリッパ)を6種類選びました。
Netflixの番組「Tidying Up with Marie Kondo」で世界的に有名になった近藤麻理恵さん。イスラエルの新聞「Haaretz」も注...
〈ISLAND SLIPPER〉×〈BRIEFING(ブリーフィング)〉とのコラボモデルのスリッパは、履き心地抜群。機内で、リゾートで、リッチな気分を味わ...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
8月、「ハバリーズ」より、持ち運び可能な紙パックミネラルウォーターが発売。容器には100%再生可能な素材を採用。