イスラエルの新聞が「こんまり」に無茶振り!

Netflixの番組「Tidying Up with Marie Kondo」で世界的に有名になった近藤麻理恵さん。KonMariという愛称も定着し、未だに「こんまりメソッド」を評価する記事がどんどん公開されています。

こと片付けに関して言えば、世界が認めるエキスパート。イスラエルの新聞「Haaretz」も注目しています。

でも、ちょっと視点がおかしいんです……。

彼らが公開した記事のタイトルは「Netflixスターの近藤麻理恵はイスラエル・パレスチナ問題を解決できるのか?」というもの。どこまで真剣なのでしょう……。確かに片付けのエキスパートですが、無茶振りにもほどがありますっ!

Netflixで番組が放送されていなかったら、このユニークな記事の公開もされていなかったのかもしれません。

とまあ、Netflixの影響力を改めて思い知った出来事でした。

Top image: © Marco Piraccini\Mondadori Portfolio\Mondadori Portfolio via Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
11月18日、Netflixの『KonMari 〜人生がときめく片づけの魔法〜』にて再び話題となった“こんまり”が、アメリカ向けのオンラインショップ「Th...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
世界中で大ヒットしたNetflixオリジナルのリアリティ番組『Tidying Up With Marie Kondo(KonMari〜人生がときめく片づけ...
今年3月より、日本からイスラエルへ初の定期直航便が就航。
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...
イスラエルが世界でも有数のバードウォッチング大国だって知ってました?
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
本や新聞などに書かれている文章はもちろん、表札や看板の表示、目の前にいる友人、洋服の色、貨幣の金額、時計の時刻、商品のバーコードを理解して音声案内します。
イスラエルを旅したら、一度は食べてみたいフュージョンSushiのご紹介!
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
イスラエルで即完売になったドリトスは、パッケージがタオル生地でできていました。食べるたびに手についた油やカスを拭けるってことです。
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
アメリカのテネシー州ナシュビルに住む、80歳のおじいちゃんマーヴィン氏と彼の6歳の孫娘キラちゃんが、道を挟んで一緒にダンスをする動画が話題に。コロナにもめ...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
イスラエル発のサンダルブランド「FREEDOM MOSES(フリーダムモーゼ)」が8月9日から、ビームス 大宮、ビームス 新宿、ビームス ストリート 梅田...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
「Ben & Jerry's」と「Netflix」がコラボして生まれた新作フレーバー「Netflix & Chilll'd」が話題となっている。Netfl...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。