クサい場所をみんなに教えられるアメリカのアプリ

アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学で、ある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。

ユーザーは5段階評価で、自分が通った道や行った場所のレビューをできます。空気の質に関する情報をクラウドソーシングするイメージですね。

背景にあるのは大気汚染。たくさんの人に少しでもキレイな空気を吸ってほしいそうです。

使い方の目的とはズレるけど、廃棄物が処理されていない場所なども報告されるかもしれません。ゆくゆくは不法投棄がよくされやすいスポットを見つけられる可能性もありますね。

あ、これ、トイレのまわりとかも対象になるんでしょうかね……悩ましいアプリが登場したものです。

Top image: © Smell MyCity
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...