歩くだけで「スタバの1杯無料券」が貰えるアメリカのアプリ

シリコンバレーのスタートアップが開発したアプリ「Miles」。ユーザーは移動すればするほどマイル(航空会社のマイレージとは別のオリジナルポイントサービス)をゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。

背景にあるのはサスイテナブル社会を実現させたいという思い。だから、環境に優しい交通手段を選べば、より多くのマイルを得られるようになっているんです。例えば、同じ距離を移動したとしても、車に比べて徒歩は10倍のマイルを獲得できます。

アプリを一度ダウンロードしておけば、起動させることなく自動で移動距離を測定してくれるというから、手軽さもアリ。

環境保護に対するとてもスマートなアプローチですよね。

Reference: Miles
Top image: © iStock.com/m-imagephotography
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...