おうちにいながら「国際交流」できる無料アプリが話題

学校の友だちとも、職場の同僚ともおしゃべりできないなら、地球の反対側にいる、会ったことのない人と異文化交流を楽しんじゃおう!

世界中のネイティブスピーカーが、互いに言語や文化を教え合う日本発のグローバルQ&Aアプリ「HiNative」。2020年4月時点で登録ユーザー数は530万人全世界232ヵ国で利用され、113の言語で活発にやりとりされているという。

このアプリは「異なる言語や文化に興味を持つ人」と「自分の知識や経験を役立てたい人」をマッチングする無料のプラットフォーム。

新型コロナウイルスは物理的に国とコミニュティを分断したが、オンライン上なら僕らは自由だ!

『HiNative』

【公式サイト】https://hinative.com/ja

Top image: © 株式会社Lang-8
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
マインドフルなセックスのお手伝いをしてくれるアプリ「Kama」。あらゆる人に、よりよいオーガズムを味わうための手助けをしてくれるとあって、話題になっている。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
歩数記録アプリ「スギサポwalk」を通じて、2020年6月末まで無料でさまざまな医療・健康上の疑問や不安を専門医にチャット形式で相談できる。
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
「手話言語の国際デー」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」はある画期的なアプリを発表した。このアプリは“シームレスな読み聞かせ”体験を可能と...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
「ZARA」は5月12日に、ヨーロッパ、アメリカ、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、5月13日に日本、中国でメイクアップコレクション「ZARA BE...
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
全国に430店舗以上を展開するホットヨガスタジオ「LAVA」の公式オリジナル瞑想アプリ「MEISOON」が5月31日まで、コンテンツの一部を無料で公開中。
悪夢を治療するアプリ「Nighware」が家庭用の医療機器として注目を集めている。睡眠中の心拍数と体の動きから悪夢を検知して、起こさない程度の軽い振動で夢...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
新型コロナウイルスの感染拡大による自粛ムードを受け、「avex」はヒーリング音を生成するアプリ「Endel」を4月30日まで無償提供。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
アプリと連携して、自宅で心地よいスパ体験ができる入浴剤「薬用入浴剤 デイリーミネラル」が「Makuake」で販売中。五感で感じる最高のととのい体験をぜひ。
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...
「WED」が3月18日にスマホで寄付できるアプリ「dim.」をリリースした。このアプリの特徴は、使い方がとてもシンプルなこと。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
「株式会社ユキヤマ」が運営するスキー場情報アプリ「yukiyama」がフルリニューアルを。デジタルマップはもちろん、ゲレンデ状況やコースの確認、GPS機能...
「Facebook」は自社で運営するサービス「メッセンジャー」のデスクトップ版アプリをリリース。これまでWebブラウザで利用可能だった同機能は、アプリにな...
香港でのデモがきっかけで急成長したサンフランシスコ発のメッセージアプリ「Bridgefy(ブリッジファイ)」。Bluetoothにつなげば、100m以内に...
7月に「Who’s In Town?」というアプリがリリースされた。地図上で特定のInstagramのフォロワーに自分の位置情報を共有できて、誰かから教え...
NYでも話題の格闘系フィットネス「b-monster」から、自宅にいながら仲間とつながり、本格的エクササイズを楽しめるライブ配信アプリ「buddies」が...
国文学研究者であるカラーヌワット・タリン氏は2018年に「くずし字認識モデル」を開発し、そこから改良を重ね、2021年3月に「くずし字認識AI」のアプリと...