先生はスマホで操作!?黒板の進化が止まらない・・・

ここで紹介するのは、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」。黒板というアナログなものが変わることで、先生や生徒だけでなく、授業や学校すらも変える。そんなビジョンを秘めて生まれたアプリです。

「Kocri」を使うと、例えばこんなコトができちゃいますよ!

黒板に教材の内容を
一瞬で表示!

E8217076e038f9ee2e34a02a82c6a7c552761311

スマホを使って、あっという間に教材の内容を黒板に映せます!

4361b595c7e3352cf7ab59a8e7059fa85aad5e6b

チョークで書くのが大変な「地図」や「写真」も。書き写す手間や時間が省けるため、スマートかつスムーズな授業が展開できますね。

33abc7db27285f039bf57ede399978fd489044ef

場所に縛られないスマホだからこそ、ずっと黒板の前に立っている必要もありません。教室の後ろから授業を行うことで、全員が同じ方向を向き、授業に一体感が生まれるでしょう。

“先週の黒板”にすぐに戻れる

51066e65e4e3c41d79f9551e2edb125558201e67

さらに、授業で使った素材はスマホに自動保存されるため、

347c42755a7399f5fdb641f1a8ccd470107b2684

日付から呼び出せば、“先週の黒板”にだってすぐに戻れます!

カメラが映す内容を
リアルタイムで投影

33b8bdfca31b7f3f14c87be3c71efdb25a01874f

スマホのカメラモードで花を映すと、

A7dba132a0be6711087ade209d128f9232309499

黒板にリアルタイムで映像を映し出せます。これなら、生徒がノートの内容を黒板に書き写さなくても、先生が生徒の机に行き、ノートをカメラで映せばOK。

黒板が、英語ノートや
方眼紙に変身

C47d622e1a10d8cf957aa1d8cdecb6b1e084a874

ガイド機能を使えば、黒板が英語ノートに変身。

085a4000b9039ee276bfb1dfb37688df21e421ad

これなら生徒と同じ気持ちで授業ができます。他にも、方眼紙や漢字ノートなどが用意されているのだそう。

こんなに便利な黒板、ぜひとも子どもの頃に欲しかったですよね。学校に行くのが楽しくなり、授業に対して“前のめり”な生徒が増えそう!

Licensed material used with permission by 株式会社サカワ
学校制度が始まり、100年以上。当然のことながら、その間に教科書やランドセル、文房具などは進化しています。しかし、唯一と言っていいほど変わらないもの…それ...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
時代の流れにあわせて多くのものが変わっていくなか、まさか、おままごとのアナログ感まで変わることになろうとは。どちらかというと女の子のイメージがあったそれで...
NYの町中に設置されていた黒板。赤い字でこんなメッセージが記されていました。一番後悔していることを書いて:この手の社会実験は、よくインターネットでも紹介さ...
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
139ユーロ(約1万8千円)で資金調達中の「COVI」は、音声操作機能を搭載したデスクライト。話しかけるだけで、点いたり、消えたり、音楽を流したり、質問に...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
食事中のスマホはマナー違反。それを、あるユニークな方法で息子たちに伝える父。テクノロジーの進化と家族のあり方を描いた短い動画です。制作したのは20歳の現役...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
大勢でスマホ内の動画を見たい時や、思い出をシェアしたい時、様々なシチュエーションで大活躍してくれそうなプロジェクターがある。スマホを設置するだけで、壁に映...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...