先生はスマホで操作!?黒板の進化が止まらない・・・

ここで紹介するのは、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」。黒板というアナログなものが変わることで、先生や生徒だけでなく、授業や学校すらも変える。そんなビジョンを秘めて生まれたアプリです。

「Kocri」を使うと、例えばこんなコトができちゃいますよ!

黒板に教材の内容を
一瞬で表示!

スマホを使って、あっという間に教材の内容を黒板に映せます!

チョークで書くのが大変な「地図」や「写真」も。書き写す手間や時間が省けるため、スマートかつスムーズな授業が展開できますね。

場所に縛られないスマホだからこそ、ずっと黒板の前に立っている必要もありません。教室の後ろから授業を行うことで、全員が同じ方向を向き、授業に一体感が生まれるでしょう。

“先週の黒板”にすぐに戻れる

さらに、授業で使った素材はスマホに自動保存されるため、

日付から呼び出せば、“先週の黒板”にだってすぐに戻れます!

カメラが映す内容を
リアルタイムで投影

スマホのカメラモードで花を映すと、

黒板にリアルタイムで映像を映し出せます。これなら、生徒がノートの内容を黒板に書き写さなくても、先生が生徒の机に行き、ノートをカメラで映せばOK。

黒板が、英語ノートや
方眼紙に変身

ガイド機能を使えば、黒板が英語ノートに変身。

これなら生徒と同じ気持ちで授業ができます。他にも、方眼紙や漢字ノートなどが用意されているのだそう。

こんなに便利な黒板、ぜひとも子どもの頃に欲しかったですよね。学校に行くのが楽しくなり、授業に対して“前のめり”な生徒が増えそう!

Licensed material used with permission by 株式会社サカワ
学校制度が始まり、100年以上。当然のことながら、その間に教科書やランドセル、文房具などは進化しています。しかし、唯一と言っていいほど変わらないもの…それ...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
時代の流れにあわせて多くのものが変わっていくなか、まさか、おままごとのアナログ感まで変わることになろうとは。どちらかというと女の子のイメージがあったそれで...
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
NYの町中に設置されていた黒板。赤い字でこんなメッセージが記されていました。一番後悔していることを書いて:この手の社会実験は、よくインターネットでも紹介さ...
昔のドラマや映画の空港のシーンで、パタパタと黒い板が反転して文字が表示される「反転フラップ式案内表示機」を見たことありませんか。それが、手に入ります。
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
139ユーロ(約1万8千円)で資金調達中の「COVI」は、音声操作機能を搭載したデスクライト。話しかけるだけで、点いたり、消えたり、音楽を流したり、質問に...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
食事中のスマホはマナー違反。それを、あるユニークな方法で息子たちに伝える父。テクノロジーの進化と家族のあり方を描いた短い動画です。制作したのは20歳の現役...