スマホ内の「ポルノ画像」を検出するアプリ。一体、何のため?

今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。

そんな中、子どもを巻き込むネットがらみの性犯罪は無視できない問題になりつつある。時には児童自らそういった写真を撮り、それがいじめや売春の原因となって、親が知った時にはすべてが遅すぎた、なんてことも。

でもだからといって、彼らの携帯を毎日のようにチェックなんてしちゃいけない。子どもだってひとりの人間として、尊重されるべきプライバシーがある。そんな葛藤に上手に応えてくれるモニタリングアプリが、この「Gallery Guardian」だ。

チェックできるのは
ヌードの閲覧だけでない

このアプリは親子両方の端末にダウンロードして使うもので、子どもの携帯のカメラロールをチェックし、独自のアルゴリズムでヌードの写真を検出してくれる。疑わしい画像が見つかったときだけ、保護者に通知がいくのだ。

ポルノをダウンロードした時だけでなく、自分や周囲の子を撮影してそれを作った時にも知らせてくれる、というのが新しい。つまり、我が子が被害者だけでなく加害者・加担者になるのも防いでくれる。

特にお小遣い欲しさの売春や、ポルノで脅すいじめなどでは当事者の子も事件を親に隠しがちで、対処が難しいことが多い。そういったケースにこのアプリは非常に有効なのではないだろうか。

子どもの
プライバシーは尊重

フィルターとは違い、子どもの行動それ自体を制限することはなく、また親には画像無しの通知だけがいく。中身はメッセージと、参照のためのタイムスタンプやその画像を入手した手段、そして画像のID。両親の端末から子どものカメラロールを覗いたり、疑惑の画像を見ることはできないのだ。

双方の同意のもと、プライバシーや自由を尊重したまま話し合いを進めることができるようになっている点が新しく、子どもからしても「監視されている感」が少ないぶん、信頼関係を保ってモニタリングできそうだ。

画像の判定基準は
ズバリ「露出度」

まず写真内に人間がいるかをチェックし、いるようならその人物の肌の露出度を判定する。それが高ければ高いほど報告の対象となりやすい。このアルゴリズムは96%という高い正当率で、画像から人間のヌードを見つけ出すことができる。

現在の難点は、服を着たままのポルノが判定しづらいということ。画像内の肌の面積だけでなく生殖器自体も認識するようにシステムを訓練中だが、「そのためには莫大な量と種類のサンプル画像が必要だから、なかなか難しいんだ」と製作者。

またカメラロールに無いポルノの閲覧、例えばサイトやチャットアプリで見るポルノはチェックされないので、今後の機能向上の際の課題となるだろう。

きめ細やかな機能で
「手遅れ」にさせない

設定によっては、ヌードだけでなく下着や水着姿の人物も報告させたり、ひとつの端末で最大6つのカメラロールをチェックすることもできる。また、もしも子どもが自分の端末のアプリを削除してしまっても親に通知がいくようになっているなど、痒いところに手がとどく機能が満載。

さらに心強いのは、子どもの大きな問題が発覚してどうしていいかわからなくなった時に、一緒に解決策を考えてくれる窓口があり、電話などでコンタクトが取れるということ。「気づいたときには遅かった」ということのないよう、万全を期している。

子どものことは信じているけどやはり心配、という人は、これくらい「ちょうどいいゆるさ」の監視アプリを導入するのもひとつの手かもしれない。

Licensed material used with permission by Gallery Guardian
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
アメリカのネブラスカ大学リンカーン校が、男性がポルノを初めて見た年齢とその人の性傾向についての関係性を発表。年齢が低い男性ほど女性への支配欲が強く、遅いと...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
8月27日、言わずと知れた世界最大級のアダルトサイト「Pornhub」が「世界一汚いポルノ動画」を公開した。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
11月初旬、「アドビシステムズ」はスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」のリリースを発表した。
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
 きっとほとんどの人は考えたことがないテーマだと思います。でも、言われてみれば気になってきませんか? これ、アートとしてのポルノのあり方を提唱するベルリン...
「ながら運転」をさせないアプリ「eGURAD」が配信開始。歩行中や運転中の状態を検知してスマホ操作を抑止する。
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
Androidを世に広める「Google」とロンドンに拠点を置くデザイン会社「Special Projects」が先日ローンチした「Paper Phone...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...