ポルノで世界を変えられる?

 

きっとほとんどの人は考えたことがないテーマだと思います。でも、言われてみれば気になってきませんか?

 

これ、アートとしてのポルノのあり方を提唱するベルリン発の雑誌『Pornceptual』の最新号で特集されていたテーマなんです。なんでも、性をモチーフにした制作活動をしている56人のアーティストが、自分たちの作品を通して「ポルノの重要性」について語っているんですって。

すっごく興味ある……。

 

「ポルノの重要性」なんて、わたし、とても興味を持ってしまったんだけれど。ベルリンでしか販売していないものだから、お取り寄せすることはかなわず……。

でもでも、「すこしでいいからなかの情報が知りたい」と思って、表紙を飾っているアーティスト軍団Woolman familyにメールをしてみたんです。「ちょっとはなし聞かせて!」って。そうしたらなんと、「かんたんな取材ならOK」と返事をくれたので、ポルノについてどう考えているのかを聞いてみました。

まずはおさらい。
(知っているとは思うけれど)

 

念のため、ポルノという言葉のおさらいをしておきましょう。

ポルノ

性的興味をそそるような描写を主とした文学・書画・写真・映画の類。

 

さて、本題。

TERUHA:やっぱりさ、ポルノで社会を変えられると思う?

Woolman Family:LGBTの権利を無視したり、女性よりも男性の方が立場が上だ、みたいな性に関する偏見が、まだまだ当然のように存在しているよね。そういう個人の自由が制限されている現状を、ポルノで変えていけると思っているんだ。

見る人の性的興奮を満たすためだけに存在するポルノは、もちろん世の中にたくさん出回っているんだけど、なかには見る人の感情をゆさぶるような、アートの要素を持ち合わせた作品もあってさ。なにか考えるきっかけになるような作品だね。それは、世の中に議論を巻き起こすきっかけとなり得ると思う。ってことはさ、社会に変化をもたらすことも可能だと言えるんじゃないかな。

 

TERUHA:アートと聞くと、高尚なイメージを持っちゃう人も多いからね。ポルノっていう、すこし言葉は悪いけれど、お下品な要素を掛け合わせれば、そういう人も含めて、いろんな人たちに、「性」っていうテーマについて考えるきっかけを与えられるのかもしれないね。

取材に協力してくれて、ありがとう!

 

 

 

Licensed material used with permission by Woolman family
アメリカのネブラスカ大学リンカーン校が、男性がポルノを初めて見た年齢とその人の性傾向についての関係性を発表。年齢が低い男性ほど女性への支配欲が強く、遅いと...
8月27日、言わずと知れた世界最大級のアダルトサイト「Pornhub」が「世界一汚いポルノ動画」を公開した。
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...