ポルノで世界を変えられる?

 

きっとほとんどの人は考えたことがないテーマだと思います。でも、言われてみれば気になってきませんか?

 

これ、アートとしてのポルノのあり方を提唱するベルリン発の雑誌『Pornceptual』の最新号で特集されていたテーマなんです。なんでも、性をモチーフにした制作活動をしている56人のアーティストが、自分たちの作品を通して「ポルノの重要性」について語っているんですって。

すっごく興味ある……。

6483608877400064

 

「ポルノの重要性」なんて、わたし、とても興味を持ってしまったんだけれど。ベルリンでしか販売していないものだから、お取り寄せすることはかなわず……。

でもでも、「すこしでいいからなかの情報が知りたい」と思って、表紙を飾っているアーティスト軍団Woolman familyにメールをしてみたんです。「ちょっとはなし聞かせて!」って。そうしたらなんと、「かんたんな取材ならOK」と返事をくれたので、ポルノについてどう考えているのかを聞いてみました。

まずはおさらい。
(知っているとは思うけれど)

 

念のため、ポルノという言葉のおさらいをしておきましょう。

ポルノ

性的興味をそそるような描写を主とした文学・書画・写真・映画の類。

 

さて、本題。

TERUHA:やっぱりさ、ポルノで社会を変えられると思う?

Woolman Family:LGBTの権利を無視したり、女性よりも男性の方が立場が上だ、みたいな性に関する偏見が、まだまだ当然のように存在しているよね。そういう個人の自由が制限されている現状を、ポルノで変えていけると思っているんだ。

見る人の性的興奮を満たすためだけに存在するポルノは、もちろん世の中にたくさん出回っているんだけど、なかには見る人の感情をゆさぶるような、アートの要素を持ち合わせた作品もあってさ。なにか考えるきっかけになるような作品だね。それは、世の中に議論を巻き起こすきっかけとなり得ると思う。ってことはさ、社会に変化をもたらすことも可能だと言えるんじゃないかな。

 

TERUHA:アートと聞くと、高尚なイメージを持っちゃう人も多いからね。ポルノっていう、すこし言葉は悪いけれど、お下品な要素を掛け合わせれば、そういう人も含めて、いろんな人たちに、「性」っていうテーマについて考えるきっかけを与えられるのかもしれないね。

取材に協力してくれて、ありがとう!

 

5238830986690560544509249611366451850625595473924711037219635200

 

 

Licensed material used with permission by Woolman family
アメリカのネブラスカ大学リンカーン校が、男性がポルノを初めて見た年齢とその人の性傾向についての関係性を発表。年齢が低い男性ほど女性への支配欲が強く、遅いと...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。そんな中...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
カナダに本拠地を置く、有名ポルノサイトPornhub。彼らが、面白い取り組みを始めたとして話題になっています。以前にも、女性のお尻をリアルに再現した最新デ...
オンラインに溢れる無料のアダルトコンテンツ。そんな中で、有料のものを販売するのは至難の業…ポルノメーカー代表のMarc Dorcel氏はそんな悩みを抱えて...
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
リトアニアの写真家、アルベルト・ボスは言いました。「ある日、夢のなかで思いついたんだよ」と。その夢は現在、7,000を越えるシェアを生み出しているそうです...
現地時間9月27日に、『PLAYBOY』の創刊者として有名のヒュー・ヘフナー氏が死去。彼の自慢の豪邸、プレイボーイ・マンションにて静かに永眠になった。月刊...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
アメリカのケーブルテレビ局「HBO」は、“Intimacy Coordinator”というポジションを創設しました。主な業務は、セックスシーンなどのアドバ...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...
アーティストJulia Fullerton-Battenの『The Act』には、著者自身が「娼婦」にインタビューをして撮影をしている。今回は、女性器から...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
もしも、自分の親が書いた官能小説を発見したら、あなたはどうしますか? イギリスの映像作家Jamie Mortonさんは、こんな大胆な行動に……。