ポルノサイト「Pornhub」が、300万円の奨学金を始めた本当の理由

カナダに本拠地を置く、有名ポルノサイトPornhub。彼らが、面白い取り組みを始めたとして話題になっています。
以前にも、女性のお尻をリアルに再現した最新デバイスを発売し話題になりましたが、今回紹介する内容は少し毛色が違ったもの。

「授業料の支払いのために
アダルト業界に入る必要はない」

彼らは学生たちに、約300万円の奨学金を提供すると発表しました。Micでも紹介されているその理由は、今の社会問題を浮き彫りにしています。

「大学の授業料支払いのために、アダルト業界に入る必要はない」。そう言いきるのは、ポルノサイトで有名なPornhub。彼らは、世界中の学生たちに25,000ドル(約300万円)の奨学金を提供することを発表しました。この金額は、アダルトビデオ25本分の出演に相当する金額だとか。

この奨学金プログラム「Pornhub Cares Scholarship」を通るには、1,000文字のエッセイを書く必要があります。
そのテーマは、「どうやったら人々を幸せにすることができるか?」といったもの。
もちろんアダルト業界に限らず、日常生活の中でどんなことができるかを書くことが条件。(AVに出演したことのある学生は、映像を添付することもできます)

「この奨学金で、リーダーシップと学力を兼ね備えた学生を生み出し、世界をよりよくしたい。そして、未来のリーダーを誕生させたいのだ!」

そう力強く語るのは、Pornhubのマーケティング副社長Corey Price氏。

高すぎる学費に対して
アダルト業界が仕掛けること

実は、Pornhub以外にも同じような取り組みをするアダルトサイトはいくつかあります。

たとえば、AV男優が出演するRentBoy.comが提供するものや、ポルノスターMercedes Carreraが設立したポルノ奨学金
RentBoyは、アダルト業界で働く男子学生に1,500ドル(約18万円)を提供。さらにCarreraは、セックスショーをライブストリーミングしてお金を稼ぎそれを奨学金に充てています。

RentBoyのCOOであるHawk Kincaidは、次のように語ります。

「いまAV男優として活躍している学生たちは、ネットワークエンジニアや、弁護士など将来有望なクライアントになるかもしれないでしょ?」

彼はさらに加えます。

「こういった奨学金を提供することにした理由は、学費の高騰にあります。つまり、多くの学生が学費や部屋代、さらには長期の学生ローンのためにセックスワーカーになっているのです」

セックスワーカーに対する
偏見や嫌がらせをなくす

現在、お金に苦労している5人に1人の学生が、学費を払うためセックスワーカーになることを一度は考えるそう。実際、そのうちの5%がセックスワーカーになっているとPornhubは指摘します。
彼らはこの奨学金プログラムを広めることで、多くの人にアダルト業界を身近に感じて欲しいと言います。

デューク大学の学生であるMiriam Weeks、別名Belle Knox。彼女は“AV女優”だという理由から、大学を退学させられました。辞めた後も、脅迫の電話が鳴り止まなかったとか。売春婦に対する社会的な目が、暴力を生んでいるのです。

いま、皮肉にも高い学費と学生ローンがアダルト業界への偏見を変えようとしています。
しかし、まだまだ問題は山積み。セックスワーカーの人たちを、人間として正当に扱わない人も多くいます。さらに高額になる学費を払えず、途方にくれる学生も。
そしてそういった人たちこそ、Pornhubが提供する動画を熱心に楽しむ人々でもあるのですが…。

Licensed material used with permission by Mic

9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
先日、弾道ミサイル警報が出されたハワイ。幸い、誤報ではあったけど、ハワイに暮らしている人は、興味深いアクションを起こしました。それは、アダルトサイト「Po...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
アメリカのネブラスカ大学リンカーン校が、男性がポルノを初めて見た年齢とその人の性傾向についての関係性を発表。年齢が低い男性ほど女性への支配欲が強く、遅いと...
オンラインに溢れる無料のアダルトコンテンツ。そんな中で、有料のものを販売するのは至難の業…ポルノメーカー代表のMarc Dorcel氏はそんな悩みを抱えて...
有名ポルノサイト「PornHub」が、世界中の男性を虜にしてしまうアイテムを発明しました。その名も「Twerking Butt」。女性のお尻をリアルに再現...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
 きっとほとんどの人は考えたことがないテーマだと思います。でも、言われてみれば気になってきませんか? これ、アートとしてのポルノのあり方を提唱するベルリン...
大学4年生のみなさんは、今から1年もしないうちに社会人として1歩を踏み出すことになるでしょう。社会人生活が待ち遠しい人もそうでない人も、大学生最後の夏休み...
8月12日は、世界象の日。絶滅の危機にある現状と、保護を訴える目的で2012年に制定された。Elephant Voicesのチームも「いま危機的状況にある...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
フィリピンの首都マニラの南東に位置する街マラヤ。 農村地域に広がる貧困が、多くの子供たちを小規模金採掘に関わらせている。生きるため食べるために、危険を冒す...
2014年の夏に話題となった「アイス・バケツ・チャレンジ」は、インターネットの影響力も加わったことで世界中に拡散され、大きな社会運動へと発展しました。氷水...
現地時間9月27日に、『PLAYBOY』の創刊者として有名のヒュー・ヘフナー氏が死去。彼の自慢の豪邸、プレイボーイ・マンションにて静かに永眠になった。月刊...
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する技術です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...
本当の豊かさを追い求め、夫婦二人で2年間の世界一周の旅に出る。インドで人々と深く関わる中で、ひょんなことから小学校に机と椅子を贈るプロジェクトを実施し、そ...