奨励金100万円超!「ゲッティイメージズ」が気候変動の危機を発信するフォトジャーナリストを後援

世界最大級のデジタルコンテンツカンパニー「Getty Images」は、気候変動に関する写真のみを専門に扱う世界唯一のプログラム「Climate Visuals」と協力し、気候変動の危機をビジュアルで伝えるための奨励金制度「ゲッティイメージズ・クライメイト・ビジュアル奨励金」を発足した。

本奨励金は、気候変動の原因だけでなく、国や地域に与えるインパクト解決策をテーマに活動をしているフォトジャーナリスト2名それぞれに今後の活動費として10,000USD(約109万円)を付与するというものだ。

フォトジャーナリストは以下「7つの原則」に沿ったビジュアルの発信が求められる。

<クライメイト・ビジュアルズ7原則>
1. 一般の人々を見せる
2. 新しいストーリーを伝える
3. 気候変動の原因を大規模に見せる
4. 感情を強く揺さぶる
5. オーディエンスへの理解
6. 危機的状況下にある国や地域に対する深刻な影響を見せる
7. 抗議活動のビジュアルに注意(自分事として伝える)

※気候変動のビジュアルの有効性に対する社会調査に基づいてClimate Visualsが策定したものです。

ビジュアルには気候変動に対して“人の行動を変化させる”ポテンシャルがある......。

応募期間は2月28日午後11時59分(太平洋標準時)まで。公式サイトで受付中だ。

Ulet Ifansastiの画像
©Ulet Ifansasti / Getty Images
Top image: © Sean Gallup / Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

『The Climate Trail』は気候変動によって人が住めないほど荒れ果てた世界を体験できるゲームアプリ。利用料は完全無料で、広告やアプリ内課金は一...
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。
7月12日から、パリのカルティエ財団現代美術館の敷地内で展示されている「Symbiosia」。アーティストThijs Bierstekerさんが手がけた、...
9月20日に行われた大規模な「気候変動デモ」に先だって、ニューヨーク市の教育委員会は“ある思い切った決定”を下した。それによってニューヨーク市の公立学校の...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
「FridaysForFuture」とロサンゼルスの広告制作会社「FF Los Angeles」がタッグを組み、強いメッセージ性のある観光ポスターを制作した。
1月21日、「国際連合人権理事会」が気候変動の危機から逃れた難民(通称:気候難民)を送還するのは、人権侵害にあたる可能性があると発表した。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...