世界初の「ゾウ語翻訳サイト」が、人類に訴えていること。

8月12日に公開された「Hello in Elephant」は、世界で初となる"象語"翻訳サイト。

身近な猫や犬ならわかる。でも、なぜ動物園でしかほとんど見ない象?と思いつつも、自分の言葉を象語…つまり「パオーン」に変えてくれるというのだから、気になって仕方ない。

ということで、とりあえず使ってみました。

F7bd50505b23cf8366ae84cf3140de107d834d51

これがトップページ。「Speak Elephant」を選択すると、すぐに入力画面に切り替わります。英語の翻訳サイトとはワケが違うし、色々説明があるのかと思ったらすごくシンプル。

7b9bd2d1f1fd43dc5b54583833019f73b9feeec6

テキストだけでなく、絵文字でも対応してくれる様子。試しにリンゴをポチッ。

おお〜!

聞こえたのは「ポォオオ゛」という、本当にソレらしい声。なるほど、動物園のおやつの時間にこんな声を出していたら、「リンゴ!」「リンゴだ〜」と喜んでるってことか……。

この録音を携帯から流したら、反応してくれるってこと?動物園に行くときは、忘れずに試してみたいと思います。

そのほかにも、感情はもちろん、果物や動作の単語にも対応してくれました。想像以上にバリエーションが多くてびっくり。基本的なことは、ほぼ翻訳できそうです。

57e35303e472f6e93cd1108d1946d00fd555cad4

入力じゃなくても、マイクボタンを押して話せば、声を聞き取って象語に変えてくれる機能まで。

鳴き声は100%本物のアフリカゾウ

このサイトを立ち上げた、Elephant VoicesのチームとJoyce Poole博士は、象の感情や鳴き声を40年以上も研究してきたそうです。翻訳され聞こえてくるのは、彼らが特別な録音機をつくって、実際にケニアでアフリカゾウの鳴き声を録音をしてきたもの。これだけのレパートリーを、録音してくるだけでも大変でしょうに…。

彼らによると、象はもっとも感受性や表現が豊かな動物の一種。死を悔やんで儀式をするのは、<人間・ネアンデルタール人・象>だけと言われているそうです。

鳴き声だけでなく、鼻の上下運動もそれぞれ違い、本当に忠実に再現されているからスゴイ。

「象の命を、守ってください」

実はこのサイトがオープンした8月12日は、「世界象の日」でした。絶滅の危機にある象の現状と保護を訴える目的で、2012年に制定されたもの。Elephant VoicesのチームとJoyce Poole博士も、「いま危機的状況にある、象たちの声に耳を傾けてほしい」という思いを込めて、この翻訳サイトをつくったのです。

彼らによると、違法な密猟者により1日70頭近い野生の象が殺されているそう。20世紀初頭には1,000万頭以上生息していたアフリカゾウが、現在ではおよそ40万頭にまで減っています。このままでは、2025年には19万頭程度になってしまうとか。

トップページにある<Donate now>をクリックすると、生息地の保護や密猟防止の活動、孤立してしまった赤ちゃん象の救出活動などに、約300円から寄付金を送れるようになっています。

象は、悲しんだり苦しんだりしていると、「鼻を激しく動かして、もがくように鳴く」ということが、翻訳をしてわかりました。

彼らが1番聞いて欲しいのは、この声なのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by The David Sheldrick Wildlife Trust & ElephantVoices
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客はさらに増えていくだろう。外国語にはめっぽう弱い日本人にとっては、悩ましい問題でもある。解決作に1つ...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
言語研究サイト「Ethnologue」(2015年度版)によると、世界には実に「7,457」もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
2015年に謎の伝染病によって、20万匹以上が死に至った絶滅危惧種「サイガ」。ある研究チームが約3年をかけて、その原因を突き止めました。
2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashe...
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
「コトバの壁さようなら」との謳い文句で発表された翻訳デバイス「ili(イリー)」が話題です。PR動画では、外国人男性が製品を使って次々と日本女性に声をかけ...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
世界を旅するとき「コトバの壁」は無視できない。たとえ初めて訪れた国でも、その国の人とコミュニケーションが取れれば取れるほど、楽しめるものだと思う。僕もウク...
サイやトラは、絶滅が危惧されている動物。しかしその状況下にあってもなお、密猟が行われ続けているという問題があります。その対策として作られたのが、なんと「バ...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...