世界80言語がつまった「翻訳マシン」が旅の常識を変える!?

世界を旅するとき「コトバの壁」は無視できない。たとえ初めて訪れた国でも、その国の人とコミュニケーションが取れれば取れるほど、楽しめるものだと思う。

僕もウクライナに行ったとき、あまり英語が通じなかったのでバスを乗り間違えそうになったことがある。その時はWi-Fiがなかったのでアプリも使えなかったから苦労した。

だけど、これからはヨーロッパのあまり人が行かないような場所でも、気軽に旅に行けるかもしれない。

20言語はオフラインでも
使えるらしい

このポータブル翻訳マシン「Travis」は、80ヶ国語に対応しているとのこと。英語やフランス語、スペイン語、中国語(マンダリン)、アラビア語といった主要言語はもちろん、他の言語も幅広くカバーしている。

例えば、ウクライナ語、マケドニア語、クルド語などのあまりイメージが湧かない言語の翻訳も可能。

さらに、この中の20ヶ国語はオフラインでも使えるらしい。日本語も含まれているので、旅先でWi-Fiのない環境でも活躍してくれる。

どんどん学習する
人工知能も搭載

リリースによれば、その言語ごとに最適な翻訳エンジンを採用したとのこと。つまり、選りすぐりのモノを集約しているわけだ。

さらに、人工知能を搭載しているとのことなので、機能を自動でアップデートし続けるらしい。スラングが生まれても、それを学び翻訳してくれる。

また、他の翻訳アプリなどと違い、3ヶ国語以上を同時翻訳することもできるとのこと。ホステルに泊まったときに持っていると、色々な人とより深い話ができそうだ。

この「Travis」は、「INDIEGOGO」でのクラウドファンディングで、目標額の779%を集めることに成功。現在なら通常価格から25%OFFの$149(約17,000円)で購入可能で、2017年9月頃には届くらしい。

ちなみに、売上の一部は難民の言語教育を支援する機関に寄付されるとのこと。

Licensed material used with permission by Travis
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
「Google Pixel Buds」が発表されて、リアルタイム翻訳デバイスの期待値を一気に高めた。この気軽さをアップグレードしたのが「Makuake」で...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
「WT2 Plus」は、イヤホン型の翻訳機。使い方は簡単で、ひとつは自分、もう片方を相手に着用してもらうだけ。Bluetoothでアプリと連動させると、会...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客はさらに増えていくだろう。外国語にはめっぽう弱い日本人にとっては、悩ましい問題でもある。解決作に1つ...
「コトバの壁さようなら」との謳い文句で発表された翻訳デバイス「ili(イリー)」が話題です。PR動画では、外国人男性が製品を使って次々と日本女性に声をかけ...
8月12日は、世界象の日。絶滅の危機にある現状と、保護を訴える目的で2012年に制定された。Elephant Voicesのチームも「いま危機的状況にある...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
先日提供が開始された「VUniverse」は多数のストリーミングサイトを統合したプラットフォームアプリ。このアプリ使えば、あなたが視聴可能なすべての選択肢...
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
米アニメスタジオ「ピクサー」が、ゲイカップルを主役としたアニメーション短編作品『Out(アウト)』を公開。「ピクサー」史上初となる“LGBTQを主人公にし...
今もっともオモシロいストリップクラブは「Lucky Devil Lounge」だ。少し前はダンサーが料理を届ける「Lucky Devil Eats」で話題...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「Google翻訳」は、音声から同時翻訳が可能になるそうだ。近いうちに、Android用に実装する予定。
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
世界13ヵ国で翻訳されたリトアニアの人気絵本「カケ・マケちゃんとかたづけエルフ」が日本上陸!「楽しくしつけを学べる絵本」として世界中で高い人気を誇る作品が...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。