子どもに読ませたい!世界13ヵ国で翻訳された人気絵本が日本上陸

リトアニアの人気絵本「カケ・マケちゃんとかたづけエルフ」の日本語版が11月27日に刊行された。この本は世界13ヵ国で翻訳されているほどの人気。

おかたづけが苦手な少女カケ・マケちゃんのもとに、かたづけ魔のエルフがやってきて、宝物を奪っていってしまう。その大切なものを取り返すためにカケ・マケちゃんが冒険するというのがストーリーの概要だ。

そもそも「カケ・マケちゃん」はシリーズ展開されており、「はみがき」「くらやみ」など、子どもにとって万国共通の「できなかったこと」や「にがてなこと」を楽しみながら「毎日できること」に変えるしつけ絵本。多くのリトアニアの子どもたちのしつけに役立てられており、現地で知らない子どもはいないとされるほど。

リトアニアの国民的絵本が、日本の子どもに“楽しいしつけ”を教えにやってきたようだ。

©世界文化社
©世界文化社
©世界文化社

『カケ・マケちゃんとかたづけエルフ』
【作・絵】リナ・ジュタウテ
【発売日】2019年11月27日(水)
【定価】1200円(税抜)
【発行】世界文化社
※一部地域により発売日が異なる場合あり

Top image: © 世界文化社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

3月2日から世界20ヵ国で大人気の『ウォーリーをさがせ!』の衣装を着て撮影し、それが絵本に反映された、自分だけのウォーリーの絵本を作ることができる撮影会が展開。
「オリジナル絵本を作って贈る文化」を広げ、周りの人を笑顔にする未来を作るプロジェクト。専任のディレクターが取材をし、作家が世界でただ一つのストーリーを書き...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
フランスを代表する国民的絵本『プチ・ニコラ』が今月22日から発売。現地では子どもから大人まで半世紀以上にわたって愛され続ける永遠のベストセラー絵本。
エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
2月27日、アメリカで『HER BODY CAN』という絵本が出版された。この本は0歳〜8歳を対象にしており、ボディポジティビティを広めることを目的としている。
環ROYと鎮座DOPENESSによるラップユニットKAKATOとイラストレーターのオオクボリュウによる初の絵本『まいにちたのしい』。刊行に合わせた原画展、...
世界中の人々の心をとらえ、14カ国で翻訳されたドイツのベストセラー絵本『100年の旅』の邦訳版が、先週2月19日から全国の書店、オンライン書店(一部除く)...
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...
南インド・チェンナイにある出版社「タラブックス」。『夜の木』は、日本語だけでなく、フランス語、ドイツ語、韓国語、スペイン語、イタリア語にも翻訳され、タラブ...
車に直接連結できるカーテント「CAREX(カーレックス)」。
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
ワクワクするようなことがあったり、ちょっと怖いものが潜んでいたり、絵本の中には様々な出会いがある。登場するモノや生き物に魅力を感じて読み進めていくのはとて...
「手話言語の国際デー」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」はある画期的なアプリを発表した。このアプリは“シームレスな読み聞かせ”体験を可能と...
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...
アメリカと台湾のクラウドファンディングにて合計1億4千万円以上の支援を得た、話題沸騰中のスマート翻訳機「ZERO」が日本初上陸。
「WT2 Plus」は、イヤホン型の翻訳機。使い方は簡単で、ひとつは自分、もう片方を相手に着用してもらうだけ。Bluetoothでアプリと連動させると、会...
テキサス州の小学校の校長先生であるBelinda Georgeさんは、Facebookのライブ配信を使い、子どもたちに本の読み聞かせを行っています。途中、...
自分が生まれてきた意味「みたいなもの」を、ちょっとだけ考えちゃう。
毎晩ベッドの中で子どもに読み聞かせる絵本、その重要性をアルベルト・アインシュタインは、こんな言葉で表現しました。子どもに賢くなってほしいと望むならば、おと...
11月21日、「Google」が「Google アシスタント」の新機能として「My Storytime」をローンチした。これは家にいない親の代わりに子ども...
「NINJAWORKS」が手がける“教育”に関するプロジェクト「GIFT」が話題となっている。クラウドファンディングで公開早々に目標額を達成し、次なるフェ...
「日本赤十字社」が「ウイルスの次にやってくるもの」と題した絵本アニメーションを公開。すでに200万近い再生数を突破し、SNSでもシェアが拡がっている。
自分が「どう見られているか」、どうでもよくなっちゃう。
世界11ヵ国で販売されているライスパスタ「PERFECT EARTH」が日本上陸。
自分も「明日はだれかにやさしくしたい」って思っちゃう。
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...
世界有数の美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学んでいたJuan Fontaniveは、「動きだけではなく、音が生きる」機械じかけのパラパラ絵本を発...
自分だけの「本当のことば」を、さがしちゃう。