「くすっと笑える話」がいっぱい!フランスの国民的絵本『プチ・ニコラ』が発売

フランスを代表する国民的絵本『プチ・ニコラ』が今月、装いも新たに⽇本再上陸。22日から発売する『プチ・ニコラ 1・2巻』はすでに予約受付中だ。

⼩学⽣プチ・ニコラと、愉快な学校の仲間たちが織り成すエスプリの効いた「くすっと笑える話」がたくさん詰まった全5巻シリーズの同作品。フランス版『サザエさん』といえるほど、現地では子どもから大人まで幅広く半世紀以上にわたり愛され続け、小学校では教材としても活用されている。

各巻に収録される約20話のお話は、およそ10分程度で読めるので子どもの朝の読書などにも最適。また、今後刊行される全5巻まで購入すると、未発表ストーリーなどを収録した"0巻"特別プレゼント企画も実施するとのこと。

小・中学校の休校が続き、読む本がなくなってきたという子どもには、このベストセラー絵本の発売を期待して待っていてもらいたい。

©世界文化社
©世界文化社

『プチ・ニコラ』シリーズ全5巻
文:ルネ・ゴシニ、絵:ジャン・ジャック・サンペ

第1巻『Bonjour! プチ・ニコラ』
第2巻『プチ・ニコラの休み時間』
【発売日】2020年5月22日(金)
※一部書店によっては発売が前後する場合があります
【定価】1000円(税抜き)
【発行】世界文化社
【特典】初回搬入分には、表紙のイラストをモチーフとしたオリジナルしおりが各巻に限定数で付録

<今後の刊行予定>
■2020年6⽉
第3巻『プチ・ニコラの夏休み』
第4巻『プチ・ニコラと仲間たち』
■2020年7⽉
第5巻『プチ・ニコラのなやみ』

© 世界文化社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「オリジナル絵本を作って贈る文化」を広げ、周りの人を笑顔にする未来を作るプロジェクト。専任のディレクターが取材をし、作家が世界でただ一つのストーリーを書き...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
世界13ヵ国で翻訳されたリトアニアの人気絵本「カケ・マケちゃんとかたづけエルフ」が日本上陸!「楽しくしつけを学べる絵本」として世界中で高い人気を誇る作品が...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
3月2日から世界20ヵ国で大人気の『ウォーリーをさがせ!』の衣装を着て撮影し、それが絵本に反映された、自分だけのウォーリーの絵本を作ることができる撮影会が展開。
「日本でフランスパンが1番売れる日って、いつか知ってる?」という質問。答えは、ディナーにチキンやローストビーフを用意しちゃう昨日、今日。そのきっかけはDO...
たった500gでダウンの暖かさを実現した、今年の冬にぴったりのジャケット「エアーライトジャケット」が、今月から応援購入サービス「Makuake」にてリリース。
環ROYと鎮座DOPENESSによるラップユニットKAKATOとイラストレーターのオオクボリュウによる初の絵本『まいにちたのしい』。刊行に合わせた原画展、...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
世界的な人気を誇るキース・ヘリングと「セブン-イレブン」がコラボしたキュートなビニール傘が登場。
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...