日本にフランスパンを広めた「ドンク」の話

すべては編集部内での同僚との雑談から。

「日本でフランスパンが1番売れる日って、いつか知ってる?」

「もしや……クリスマスとか?」

「正解!昨日もけっこう売れたと思うよ。1960年代のブーム以降、日本ではクリスマスにチキンと一緒に食べるならパンってのが定番だしね〜」

たしかに、チキンやローストビーフを食べるのも一般的になった日本のクリスマスでは、パンの一緒に食卓に並ぶのは珍しいことじゃない。それもフランスパンが多い気がする!

一方で気なったのはブームの話。いまじゃ、当たり前すぎて日常にある存在ですが、実際に60年代の日本ではフランスパンがトレンドの最前線だったそうです。調べてみると、そのきっかけとなったお店が「DONQ(ドンク)」。ちょっと意外じゃないですか?

ドンクのフランスパンを買うのが
当時の“モダンガール”のお洒落

©DONQ

え、これが?と思う人もいると思うけれど、“あのドンク”
神戸から東京に初進出したこの青山店には、芸能人もお忍びで通っていたらしい。


戦後間も無くから神戸で当時はハイカラなバゲット、クロワッサン、ブリオッシュなど本格的なパンを日本に紹介し、人気を得ていたドンク。

66年に、東京・青山店をオープン。後の日本におけるフランスパン文化の父と言ってもいいパン職人フィリップ・ビゴ氏の着任と、客から見える場所にオーブンを置いてパンを焼くスタイルが人気を博したのをきっかけに、一大フランスパンブームが発生。

@DONQ

洒落たものをお土産にしようとお父さんたちもこぞって並んだ様子。


それまでの日本では、やわらかいパンに慣れていたため、ハード系のフランスパンが美味しいというイメージがなかったみたいです。ところが、「皮は薄くぱりっとしていて香ばしい」「薄いクリーム色の中身はしっとりやわらかい」という、従来とは異なるドンクのフランスパンが口コミで広がり、連日店の外に行列ができるほど人気に。

©DONQ

パリの地図が描かれたドンクのパン袋に夢中になったのは、当時の“モガ”たち。モガとは、モダン・ガールの略。大正末期から昭和初期にかけて生まれた流行語ですが、先端のファションやメイクで銀座の街を歩くような“イマドキの女性”を指した言葉です。

「この袋を抱えて街を歩くのがおしゃれ」となり、ファッション雑誌の表紙を飾ったことも。私たちが現在もパーティフードとしてバゲットを食べるようになったのは、ドンクによって洒落たパン=フランスパンってイメージができたことが大きいんです。

昨夜のクリスマスイブ、皆さんの家のテーブルにもフランスパンがあったりしませんでした?クリスマス当日の今夜も煌びやかな街のどこかで、あの長いパンを紙袋に入れて歩く「モガ」スタイルな人を見かけたりしたのでは……。

メリークリスマス!

Top image: © iStock.com/bokasin, 2018 TABI LABO
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
レバーペーストをたっぷり塗ったフランスパンにソーセージやハムを乗せ、紅白のなますを入れて、どっさりパクチーをはさんだベトナム庶民の味「バインミー」。あのエ...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...