伝説のパン屋「ルヴァン」のパンが、バッグになりました

今や「パンの街」と言われるほど人気店がひしめき合っている、東京の代々木上原〜代々木八幡エリア。その中でも天然酵母パンの草分け的存在である「ルヴァン」は、この地域をパンで盛り上げた先駆者のような存在。そのルヴァンのパンを、この度、「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんがテキスタイル(染物)に落とし込んだとな。

ルヴァンのファンの皆様、そして、パンが大好きすぎて夜も眠れない皆様、お待たせしました。香ばしくて、最高にかわいいテキスタイルが焼きあがったよ♪

パンのように
使う人を幸せにしたいのです

そもそも、デザイナーの坂本さんは、今回どうして“パン”をテーマに選んだのか聞いてみた。

「パンはみんなが幸せな気持ちになるものです。香ばしい匂いと色のそれは、選ぶだけでも楽しい。だから、パン屋さんに通いたくなる。そんな風に、ワクワクするテキスタイルのエプロン、洋服、バッグ、クロスがあれば、もっとたくさんの人が日常で使ってくれて、気持ちも上がるのではないか、と思ったのが始まりです」(坂本さん)

確かに、私もひと目見た時からワクワクが止まらない…! では、中でも「ルヴァン」のパンを選んだ理由とは。

「日本中でパン屋さんが増える中、ルヴァンは、日本の天然酵母パンの第一人者とも言える存在。そのパンをモチーフにすることで、日本が誇るべきルヴァンのパンをより身近に感じてもらえるといいな、と思い、コラボさせていただきました」(坂本さん)

坂本さんの、ルヴァン愛溢れまくる仕上がりの数々。早速ですが、いただかせていただきますね。 パクパクパクパク…。

ミックス柄のランチョンマット。
これ
敷いて、パンとコーヒーで朝ごはん…。

最高…最高じゃないか…

ごはんが済んだらカンパーニュ柄のバッグでお出かけして…

食パン柄も捨てがたいね…

バゲット柄のバッグに、バゲット買ってINとか…!

グーグーグー…。(おなかの音)

こだわってます。
そしてすごく使えます。

「gochisouの生地は昔ながらの手捺染(シルクスクリーンプリント)という方法で染めています。コストも手間もかかりますが、発色の良さや滲みは他にはない魅力があり、プリントテキスタイルの良さも伝えたいという思いから、手捺染にこだわっています」(坂本さん)

テキスタイルになったルヴァンのパン、素敵な焼きあがりの理由はこれだ。また、キッチンクロスは麻100%で使い込むほど速乾性も増し、ディッシュクロスとしても、カバーとしても活躍。パンのある食卓でランチョンマットとして使えば、食べるのも楽しくなる。バッグは綿100%で適度な厚みがあり、畳んで持ち運べるしマチもたっぷり。パン屋さんの帰りに使うのにもぴったりだから、食いしん坊のみんなはパンの買い過ぎと食べ過ぎに気をつけよう。

「ルヴァン」は地域資産です。

ところで先日、ルヴァンのお店近くにあるCASE GALLERYという場所で、今回のコラボグッズのお披露目会が開かれたのだが、じつは会場となったCASE GALLERYの代表・湯川さんも、ルヴァンの大ファンの一人。

「ルヴァンは、スタッフさんが皆仲良くパンを作っていて、家族的な雰囲気が魅力です。周辺にはたくさんの人気パン屋さんをはじめ、ドーナツやサンドイッチ、ベーグル専門店がある。その中にある老舗有名店ルヴァン。こうした有名店に人が集まり、同業者が競うようになる。そして街が賑わう。ルヴァンはそんな風に街を盛り上げている存在、つまり地域資産なのです」(CASE GALLERY湯川さん)

行政でも、大企業でもない、一軒の街のパン屋さんがその地域を盛り上げているなんて、なんだかすごく素敵なことだ。ちなみに今回お話を伺ったお二人に、好きなルヴァンのパンを聞いてみた。

「ルヴァンのカンパーニュは和食にもよく合います。私は、カンパーニュが好きです(CASE GALLERY湯川さん)

「私はカンパーニュ、メランジェが大好きです。代表的なカンパーニュに使われている全粒粉の酸味はライ麦のようで、チーズやジャムとの相性も良いです。メランジェは、くるみとレーズンの甘さと香ばしさが絶妙です」(坂本さん)

カンパーニュやメランジェは鉄板。加えて個人的におすすめしたいのは、ベルベデーレ(焼酎漬けのドライフルーツとローストナッツがぎっしり)を赤ワインと一緒にちまちまいただくこと。 gochisouのバッグでパンを買いに行って、ランチョンマットの上に食材を広げて。香ばしくってワクワクする、素敵な時間を過ごしてみては。

【商品のご購入について】
2017年10月14日(土)〜15日(日)に開かれる青山パン祭りにgochisouが出店します。またこの秋、長野にあるルヴァン信州上田店でもグッズ販売を予定。詳細はgochisouのHPで随時発表しますので、是非チェックしてくださいね。

■gochisou HP
https://www.gochisou-textile.com/blank-10

Licensed material used with permission by gochisou, CASE GALLERY
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?