乾かなくて、形も崩れない「パンの家」

朝食はパン派のみなさん。食パンの保管ってどうしてますか?

しっかり袋を閉じないと乾燥しちゃうし、枚数が減っていくたびに傾いてきちゃう……。そんなほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。

 

この穴の形、見たことある!

袋をねじって、ぎゅっと挟むだけ!

まるでパンの家のような『Fitto(equalto)』、しっかり乾燥も型崩れも防いでくれます。

もちろん食パンに限らず、お家に入るものならなんでも。お菓子の保存にもいいかも。ひとつひとつ手作りされたケースの上に、ジャムを置いたりしても良さそうですね。

美味しいトーストを焼いた後は、ゆっくりこの“家”で翌朝まで休んでもらいましょう。

Licensed material used with permission by KONCENT
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
ちょっと大きめで2人用の鍋のイメージで使える。
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
世界にはパンが好き過ぎて、偏愛を通り越し、パンへの変わった「愛情表現」を続けている人がいる。その名も「Bread Face」。パンに顔を乗せる動画をIns...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...