いま、フランスが必死で「バゲット」を守ろうとしている。

これだけは譲れない。誰かに自分流のなにかを教えるとしたら、この手順だけは抜かしてほしくない。そんな「譲れないもの」があなたにはありますか?

Food52」のValerio Farrisさんが書いた記事によると、フランスの大統領のエマニュエル・マクロン氏にはどうやらこの「譲れない何か」があるよう。そしてそれを守るべく、彼はある動きに出たのだという。

かいつまんでいえば、食だって、伝統を守り抜かなきゃいけないときがあるんです!

世界遺産リストにバゲットが立候補!

フランスの大統領エマニュエル・マクロンは、いったいフランスの何を「世界がうらやむ文化財」として掲げているのでしょうか。

建築界の美貌であるエッフェル塔?それとも点在する円形の交差点?あるいは15人のノーベル文学賞受賞者たち?もちろんどれも誇り高い文化財ですが、彼の頭に思い浮かんだのは、じつはフランスの伝統的な「バゲット(正確には"baguette de tradition")。これこそが、彼が世界に認めて欲しいと掲げるフランスの逸品。それは、今週ユネスコの世界遺産リストに文化遺産として立候補しちゃうほど。

これは、昨年ナポリのピザがユネスコ無形文化遺産に認定された動向に導かれた模様。そして当のバゲットはもちろんのこと、タンゴやヨガなど、「地域特有の風習であること」を基準とする無形文化遺産の枠に当てはまる。

5954847132090368

文化的認識を求める動向の裏には、近年スーパーなどを一人歩きする"偽バゲット"の蔓延が伺える。何せ伝統的なバゲットが本来必要とする材料は、小麦粉、イースト、塩、水のみであるのに対して、既製品はこれ以外の材料が付け加えてあり、許可なくレシピを改ざんしてしまっているのだそう。無形文化遺産リストに入選することができれば、バゲットの文化的価値を広く認知してもらえるため、その「下準備の手法基準」にも磨きがかかることが見込めるそう。

果たしてバゲットは入選するのだろうか。結果はまだ読めないものの、ナポリのピザにおいては、200万人ものイタリア人の署名を集めて、ようやく無形文化遺産という名を手にしたようなので、バゲットがその位置まで這い上がるにはまだ道のりは長いのかも。とはいえ、マクロン大統領の支持を得ただけでも、無形文化遺産認定に少しは近づけたのかも…?

Written byValerio Farris
Licensed material used with permission by Food52
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
レバーペーストをたっぷり塗ったフランスパンにソーセージやハムを乗せ、紅白のなますを入れて、どっさりパクチーをはさんだベトナム庶民の味「バインミー」。あのエ...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
いろんなストーリーが浮かんできます。
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
パン・オ・ショコラを自宅で再現するのは難しいですが、バゲット・オ・ショコラだったら簡単。
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...