「ノートルダム大聖堂」の「VRツアー」が誕生

7月初旬、フランス・パリに位置するレジャー施設「FlyView PARIS」にて、焼失する前の「ノートルダム大聖堂」を見て回れるVRツアー「Rebuilding Notre-Dame」が体験できるようになった。

利用客はノートルダム大聖堂のなかを回れるだけでなく、鐘がなっている様子を見れたり、頂上付近からパリの街を見下ろしたりできる。また、火災が起きたといわれている場所にも連れていってくれるそうだ。

ツアー料金は17ユーロ(約2300円)。アフターコロナ時代には、多くの人が訪れるスポットになるだろう。

Top image: © iStock.com/Roberto A Sanchez
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
パリ、ベルリンに突如現れたビジネススーツの集団。一糸乱れぬロボットダンスに観光客のみならず、地元に暮らす人たちも、さぞ驚いたことだろう。元格闘家・須藤元気...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
日本で出会った「大福」に魅了され、フランスではじめた「MOCHI」づくり。
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」の紹介です。
寒い季節は、身体が冷える影響で「生理痛」が重くなってしまう人が増加。そこで「生理痛軽減」に関するアイテムや工夫をいろいろ集めてみました。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...