ビヨンセ夫妻のおかげ!?過去最高を記録した「ルーブル美術館」

今年に入り、ルーブル美術館は2018年の入館者数が1020万人だったと発表。2012年の記録(970万)を塗り替えました。

ルーブルと言えば、世界一有名な美術館と言っても過言でないでしょう。そのため数だけ聞くとピンと来ない人も多いかもしれませんが、これ、前年比で25%も増加したことになります。率で考えると驚きですよね。

理由として同美術館はWEBサイトで、国内の観光客数の回復や館内で撮影されたビヨンセとジェイ・Zの楽曲「APES**T」の動画の影響などを挙げています。ちなみにこの動画、これまで約1億5000万回も再生されていて、その効果はかなり大きかったこともわかります。

2019年は、今月5日から毎月第一土曜日に入館料が無料になる「Saturday Night Openings」というイベントも開催されています。昔から著名な観光スポットですが、ますます行ってみたくなりますよね?

Reference: Louvre Museum
Top image: © Mike Coppola/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
5月にセーヌ川にオープン予定の美術館があります。その名も「Fluctuart」。入館は無料で、年中開館することになるんだとか。屋根の上からはグラン・パレを...
「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」と「ルーブル美術館」のコラボレーションが実現。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
11月下旬、環境省は昨年度の日本国内における温室効果ガスの排出量が「過去最少」だったと発表した。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
日本で出会った「大福」に魅了され、フランスではじめた「MOCHI」づくり。
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
「パスポートランキング2021」最新版発表。アジア太平洋地域の強さと英米のランキング低迷が如実に。気になる日本の順位は?
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。