知れば知るほど深さにハマる。画商が教える「アートの世界」

数年前、1982年にゴーギャンが描いた油絵『いつ結婚するの』に、3億ドル(当時のレートで約355億円)の高値がついて世間の注目を集めました。

興味がない人からすれば、理解不能なほどの金額です。なぜ趣味のものに対して莫大なお金をかけられるのか? そこには「本物の一枚」を手に入れた人だけにしか分からない「本物の価値」があるのです。

都内で画廊を経営している高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、そんな絵画の魅力や歴史、自身の考えがまとめられています。

高橋さんの「絵画に対する愛」とは?

絵を通して
思いは次世代へ受け継がれる

E5c6ea8b91fc16e4530f4aecf4b720c420a7278a

人は、太古の昔から絵を描いてきました。人類最古の絵画だといわれる洞窟壁画は、4万年前の旧石器時代に描かれたものだそうです。

人類は洞窟壁画を描くことによって、他の霊長類とはまったく違う進化の道筋をたどることになりました。畏怖という感情は霊長類にもあるでしょう。しかし、それが安堵に変わったとき、人類だけが笑うことで感情を表現します。その喜びの延長線上に、歌ったり、踊ったり、何もない壁に絵を描いたりする遊びが発展して「文化」が生まれたのだと考えています。

人類は洞窟壁画を描くことによって、他の霊長類とまったく違う進化の道筋をたどることになりました。内発的な遊びとしての「絵を描く」という行為こそが、霊長類と人類とを分ける進化の大きな分岐点だとすると、絵を描くことは人間の本能的な営みだといえます。

そして、芸術こそ人類だけの最も高尚な大人の遊びだと考えています。遊びは人生に欠かせません。なぜならば、遊びは人生に活力と夢を与えてくれて、心と人生を豊かにしてくれるからです。

近代美術から
現代美術へ

19世紀後半、印象主義から始まったモダン・アートの冒険は、野獣主義、立体主義、超現実主義を経て、近代の終わりにたどり着きます。近代の終わりは立体主義と超現実主義などの作品を発表していた芸術家マルセル・デュシャンによってもたらされました。

デュシャンが1917年に制作した「泉」は、街で普通に売られている陶磁器製の男性用小便器を横向きにして、「R.MUTT」という署名と「1917」という制作年を書き加えただけのものでした。この作品は、絵画や彫刻のようにデュシャンが自分の手を動かして作ったものではありません。しかし、現代美術の観点から見ると「泉」は立派な作品として成立しています。なぜならば、そこには「批評性」があるからです。

そもそも「泉」は、見る人を挑発し、動揺させ、なぜこれが「泉」なのだろう、そもそもこれは美術作品なのだろうか…と考えさせることを目的としていました。「批評性」だけを目的とするならば、わざわざ自分の手を使って絵を描いたり、彫ったりする必要はないと示したのです。

では、何がこの作品を芸術たらしめるというのでしょうか? その問いに対するデュシャンの答えが、署名でした。たとえば、ピカソの署名があれば、絵葉書やメモ帳に描いたいたずら描きでも何十万もの価値を持ちます。それと同様に、「署名さえすれば、誰が作ったものであっても作品として成立する」とデュシャンは主張したのです。

こうしたデュシャンの既製作品は、現代美術の扉を開きました。以後の芸術は、画家の手仕事から作り出される作品そのものよりも、「どのような意図で伝えるのか」というコンセプトが、最も重要とされるようになったのです。

絵はお金で買えるが
お金では買えない絵もある

646189616b3fd6936a1d83e8863cb5df4c757091

いささか謎めいたタイトルをつけてしまいましたが、よく考えれば当たり前のことです。

すべてが一点モノの美術品である絵画は、所有主がその作品を売りに出さなければ、決して買うことはできません。そして『モナ・リザ』や『アヴィニョンの娘たち』のように、ひとたび公的な美術館の所有物になってしまえば、半永久的に売りに出されることもなくなります。個人コレクターがそれらの作品を入手できる確率はグンと低くなるでしょう。

絵画とは、お金で売買される資産である以前に、全人類共通の文化遺産であり、何人たりとも、札束を積み上げて横面をひっぱたくようなやり方で自分のものにすることはできないのです。

絵は、株や債券とは異なり、お金だけではなく人々の生活を豊かにするものであるべきです。実際に私は、純粋に金融商品としての目的で絵を購入することはおすすめしていません。近年、確かに絵画は高騰しています。しかし、画商やオークション会社を通して絵を購入すれば当然手数料をとられますし、価値が落ちる場合だってあるのです。

絵を買うときには、ぜひ一生大切にできそうなものを選んでください。そして、自分が亡くなるときには、お子さんたちに絵を遺してあげましょう。その際、絵にまつわる思い出話も一緒に語ってあげるとなお良いです。

だって、絵はただのモノではなく、人生の一部なのだから。

フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
今では「近代絵画の父」と呼ばれる画家ポール・セザンヌ。その作品は、世界中の名だたる美術館に所蔵されている。しかし、現在の不動の評価を得たのは、没後のことだ...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
フランスのラスコー洞窟の絵画のように、人類は太古から、自分たちの願望や精神世界を壁画として描き出してきた。現代でも、自分たちの家の壁にそれを行う集落がある...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多い...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...